Photoshop『クリッピングマスク』:レイヤーをピンポイントで見やすくマスクする

ヘチマ,筑波山

ヘチマ,筑波山

フォトショップで合成写真を編集する際、必ず『レイヤー』を使います。そこで『効果が全てのレイヤーに反映されてしまう』現象に直面したことはないでしょうか?

知ってる人には当たり前ですが、知らないと地獄を見る『クリッピングマスク』機能について解説致します。



空を鮮やかにする合成写真

とりあえず、2枚の素材を合成します。
こちらは、どんより雲のスナップです。

こちらは、鮮やか過ぎる青空。

フォトショップにレイヤーとして投げ込みます。

上写真の位置を整え、描画色を『乗算』辺りにセット。
すると、こんな感じになりました。

このままだと困るので、ひまわり畑を消さなくてはなりません。
青空写真を『マスク』へドラッグし、黒ブラシで塗って行きます。

こんな感じで、進めます。

何となく合成されましたが、ちょっと青が強過ぎる印象ですね。

『クリッピングマスク』で見える化

下の右から4番目にある『調節レイヤー』で『トーンカーブ』を新規作成。
青空の表現を調整します。

すると2枚の画像の両方に効果が適用されてしまいました。
これじゃ、合成のバランスが分かりません(-_-メ)

でも、大丈夫^_^
トーンカーブ下の『クリッピングマスク』を押しましょう。

すると、トーンカーブに同じマークが付きました。
これは『一つ下のレイヤーにだけに効果を反映させます』という意味になります。

これで無事に、見える化されましたね。
めでたし、めでたし^_^




2件のコメント

  1. おはようございます
    合成写真は動画編集同様試行錯誤して出来上がるのが楽しいからやめられない
    止まらない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)