Premiere Pro『Dynamic』ダイナミック:エフェクトで聴きやすい音声動画を作る


動画編集はカット繋ぎだけでなく、音声にも気を使わなくてはなりません。勿論、編集で何とかするのではなく収録時から配慮しますが、カメラやマイク性能によっても様々なので、仕上げはキチンとしたいものです。

今回は動画編集ソフト『premiere』のプラグイン『ダイナミック』を使って、音声を聞きやすく整えてみたいと思います。



調整された音楽には向かない

音にも種類がありますが、今回調整するのは『人の声』です。既に調整された音楽に使うと、素材の良さを壊してしまうのでおススメしません。

人の声は一言であっても強弱がありますし、対談ともなると大きさに差が出てしまいます。そんな音声を長時間聞いたら、確実に疲れてしまいますよね。大きい部分は抑え、小さい部分は持ち上げると、格段に聞きやすくなるはずです。

まずは、タイムラインに配置した音声に、エフェクトから『ダイナミック』をドラッグしましょう。エフェクトコントロールに項目が追加されました。

編集をクリックすると、設定項目が表示されます。

ちなみに専門家ではないので、表現はイメージです。

音割れを制限する

こちらは、元音です。
波形を振り切り、音割れしている乱暴な部分が含まれますよね。

まずは、大きな音から抑えて行きましょう。

設定右下の『リミッター』にチェックを入れます。
『しきい値』の値を決めます。

音楽との差は『6db』が一般的なようなので、音声は『-3db』を上限としています。

これにより『-3db』を超えた音声部分を『-3db』に留めることが出来ます。

コンプレッサで厚みのある音に

大きな音は抑えられ差は縮まりましたが、小さな音はそのままです。
更に聞きやすくする為に『コンプレッサ』を使います。

『コンプレッサ』にチェックを入れ『しきい値』と『比率』を調整します。

『しきい値』とは赤ラインの範囲で、ここはキープするイメージになります。
ラインを超えた部分に対し(3:1)の圧縮を掛けるという意味です。

更に差が縮まりましたよね。しかし、強弱を整えることは出来ましたが、全体的に貧弱になったような気がします。

そこで、底上げの『補正』を入力します。

すると制限が掛けられた状態で、小音が上がります。
これで厚みのある音になり、元音と比べると聞きやすくなったはずです。

こちらは『元音』です。
比較してみると、かなりの効果が期待出来そうですね。

個人的には『コンプレッサ』は必ず使う訳ではありませんが、少なくとも『リミッター』は適用するようにしています。




2件のコメント

  1. おはようございます。
    大きくてうるさい声の人とぼそぼそ消えるような小さい声の人の会話は大変そうです。

    1. yutaさん こんにちは^ – ^

      声の強弱の編集は、確かに大変ですよね。
      しかし、時代のおかげで救済の可能性があることに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)