VR専用アプリ:『VR Player』と『VeeR』が面白い

びわ

170612mp0001-001

『3D VR』のヘッドセットについて、以前レビューを書きました。
製品自体はとても良かったので、次は『何を観るか』となります。

目の前に大型の仮想モニターを映し出すシステムですから、どうしても視覚効果が必要となり、左右の2画面になります。

今回は、これを叶えるアプリを紹介したいと思います。



YouTubeに最適な『VR Player』

上記リンクは『3D VR』のゴーグルヘッドセットの記事です。
興味のある方は、ご覧下さい。

170629mp0004

さて、一般的な『YouTubeアプリ』といえば、これです。
そして、これも『VR』に対応しています。

170629mp0006

任意の動画を表示させて、右上の『・・・』をポチります。

170703-001mp

『Cardbooardで視聴』で切り替えます。

170629mp0007

するとこのように、左右2画面になるのですが、スマホの角度によって画面も動いてしまいます。これは、360度カメラを意識しているのだと思いますが、寝ながら使うことが多いので、とても不便です。

目線に合わせた状態でタップすると、その位置が基準となります。

170629mp0005

それで色々探してみたのですが、無料版はどうしても宣伝広告が入ってしまい、定期的に、VRのフロントパネルを開けることになるので、有料アプリを買いました。

170629mp0003

トップ画面はこんな感じで、ユーチューブにログインが出来るタイプです。

このアプリの特徴は『Video Library』の項目で、iPhone標準の『ビデオ』が使えることです。よって『iTunes』経由で動画を同期させておけば、可能性が膨らみます。

170629mp0001

画面下の『Play』から、切り替え画面を表示させます。

170629mp0002

こちらはユーチューブ画面で、画像右上から3番目の『眼鏡マーク』を押すと、画面が2つに分かれます。いくつか切り替えが可能なので、好みに合わせていじれます。

休憩時間などはゴロゴロしながら、この『VR Player』で十分楽しめます。

『VeeR』で360°体験

170629mp0001-2

こちらは『VeeR』という、動作に合わせた『360°視界体験』が出来るアプリです。

お分かりかと思いますが、自分を中心としてグルリと回っても、空や足元を見ても、全てが打ちし出される『360°カメラ』の映像を観ることが出来ます。

170629mp0002-2

こればっかりはブログでは表現出来ませんが『360°カメラ』って面白いですね。
しかし、現段階ではキリがないので、手を出しませんけど(・ε・)

新しい楽しみ方は、VRとヘッドホンをしっかり装着して電車に乗り、空間での思考分けと、体感する動きのギャップを楽しむことでしょうか。

しかし、そんな姿で電車に乗ってニヤケている人を未だに見ないのは、リアリティーに欠ける改善部分が、まだまだあるからでしょうかね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)