iZotope RX ELEMENTS:音声ノイズ除去の神ソフト

izotope

izotope

よりクリアな音声を求め外付けマイクに手を出すと、ホワイトノイズや環境音などの落とし穴が待っています。出来る範囲で試行錯誤しても、結局ノイズは残ります。

『これなら、内臓マイクでも変わらない?』と諦めてしまう前に、ソフトによる除去を試して頂きたいと思います。



ホワイトノイズや環境音と操作音のおさらい

171225mp0003

2万円弱までのマイクを使っているので妥協は必要ですが、ホワイトノイズは機器の相性が大きいかと思います。この部分だけをクローズアップすると、つい内臓マイクの方がクリアに感じてしまうこともありますが、カメラボディーから離せるので、操作音の除去には必須なのです。

特に一眼レフのオートフォーカスは『STM』レンズを使用しても、結局は気になりますから、外部マイクを選択することになります。環境音については、存在する音なので仕方の無いことですが、エアコンを消したり単一指向性をテストすることで、最小限に抑えることが出来ます。

今回は、これらの出来ることを全てやった上で、ソフトに頼ろうというお話です。

iZotope RX

_2018-01-08-10.10.52

お値段を比較していたら『サウンドハウスさん』が安かったので決めました。

種類はいくつかあるのですが、ダメならばアップグレード版で購入すればと思い、とりあえず『ELEMENTS』に落ち着きました。

高いものは、出来ることの範囲が広くなるというものですね。

ライセンスキーが記載されているので、入力しインストールします。
英語なので、ちょいと困りましたが出来ました。

立ち上げると上記画面が出るので、ファイルを放り込んで下さい。

Voice De-noise

_2018-01-08-10.14.24

刑事ドラマで観る、鑑識の音声画面が出ました。
どうやら、背景の薄いモヤモヤがノイズのようですね。

_2018-01-08-10.15.22

画面の右上を見て下さい。
欲しかった『Voice De-noise』があります。

_2018-01-08-10_17_19

使う部分に、番号を振りました。
作業工程の順番として、変更を加えたら左下の『Preview』で聞いて判断します。

1.Learm:ノイズ周波数の記憶

2.Adaptive mode:ノイズタイプによるので、チェックで切り替える

3.Optimize for:音声・音楽で切り替え

4.Threshold:効果の掛かり始めレベル

5.Reduction:ノイズ除去の強さ

_2018-01-08-10.25.55

パラメーター画面左下の『Compare』をクリックすると、上記のウィンドウが表示されます。これは再生させながら、オリジナルと変更後を比較する機能です。

_2018-01-08-10.39.14

編集後『Process』を押すと確定されます。
画面上部バーの『File』⇒『Save』で保存しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)