『バージョンアップ対策』その都度困るのは非効率!やはりパソコンは2台持ちが望ましい

電柱カラス

電柱カラス

 パソコンや端末の『バージョンアップ』についての記事を、今までいくつか書いて来ました。きっと同じように考え、悩んでいる方がいると思ったからなんですよね。

今回は問題解決のような詳細では無く、もうちょっと全体的な話を書きたいと思います。全ては、今後へ向けた困らない為の対策です。



ちょっと、おさらい

このブログの『サイト内検索』に『バージョンアップ』と入れて検索してみると、結構な数の記事が出て来ました。
なるほど過去の自分も、それなりに苦しめられていたという事実ですね。

確かに今でも、バージョンアップには警戒心が強くなります。
もっと安心して出来れば良いんですけど、それには無理があるのでしょう。

一番恐ろしいのは、今まで普通に使えていた機能がストップしてしまうことです。
これは、本当に辛いです。

だって『良くなるだろう』と信じて行ったことが、大惨事を引き起こしてしまうからなんですよね。それこそ、仕事が止まってしまうこともありますからね(-_-メ)

やらない人は困らない?

橋,赤

私は以前から、パソコンに対して真摯に向かい合って来ました。
それは、ツジツマが合わなければ許されない相手だからです。

常に勉強しているつもりですが、全く追いつきません。
次々に新しいモノが開発され、システムも変更されているからです。

まさに安定を見せない、社会情勢のような感じです。

しかしフッと周りを見渡すと、それほど困っている方には出くわしません。
個人的にはもっと情報を共有したいのですが、そもそもバージョンアップをしない人も多いのです。『もしかして、自分だけ?』と思ったりもしますが、時々ブログのアクセス解析で、バージョンアップネタの観覧数が急成長していることがあるので『誰かのお役に立っている』と自己満足に陥るのです。

無理のある仕組み

バージョンアップについては『分からないからやらない』とか『知らないけどお知らせが出て来て超ウザい』とか、結構嫌われているようです。

確かに仕組みを見てみると、ちょっと強引さを感じる部分もあります。

例えばスマホなどは、OSのバージョンアップをやったが為に、アプリ使えなくなることがあるのです。これはOS側がいきなりなので、アプリ開発行者が追いつかないわけですよね。『そりゃそーだ』と思います。

結果的にアプリの評価欄には、罵声を浴びせるようなクレームの書き込みが殺到しパンク状態なわけです。お金を払って買ったものもありますから、そうなるのは当然です。

競争社会ですから、トップであるWindowsやMacが開発行者へ配慮することはありません。着いて来られなければ『さようなら』なのです。

ただ最終的に困るのは、消費者なんですけどね。

現在やや困っていること

橋

私は写真屋さんなので、フォトショップを使うことが多いです。
しかし一昔と違い、プリント作業による納品はほとんどありません。
ネットによるデータ入稿が主流なのですね。

それですっかり安心していたら、先日プリント込みのお仕事が舞い込んで来ました。
作業を終えてプリントして納品と思ったら、A3のプリントが効かないのです。

前は出来ていたのですが、知らない間に出来なくなっていたのですね。

何度か思い当たる方法を試しましたが、ダメでした。
浮かんだのは、当然バージョンアップです。

時間が無駄になるのは嫌なので、素直に認め対策を考えることにしました。
原因は『プリンタードライバ』の不一致です。

それはフォトショップでプリントしてダメで、『.jpg』に落としMac側でプリントして同じ結果だったので確信を得ました。

しかし、もうドライバはサポート終了になっていました。

そんなに古いものじゃないんですけどね〜。
まだまだ元気に使えているのに・・・。

対策を絞り込む

もはや悩む意味はありません。
いくつか解決策が浮かんだので今後も踏まえ、最善の方法を選ぶことにしました。

心の声
プリンター買い替えちゃえば?
まだ使えるし、インクもあるので嫌です。
心の声
HDDのパーテーション分割で旧OSも管理すれば?
理想的だけど、リスクがいっぱいです。
心の声
だったら、『TimeMachine』で復元しちゃえば?
他のアプリなどに影響しそうで恐いです。
心の声
『 旧Windows』と繋げてみれば?
おーっ、それですねん!

こんな感じの思考で、めでたく解決に辿り着いたわけです。

ちなみに『旧Windows』は『Vist』です。
現在は父親に譲っているので、久しぶりに触りましたが、かなり重くなっていました。
ハイスペック仕様ですから、何をすればこんなに重くなるのかが疑問です(ー’`ー ; )

今後に繋がる対策

ダム

もう一台『7』のノートがあるので、しばらくはこれでごまかそうと思っていますが、何れプリンターを買い換えた時は『Mac Air』辺りをサブ機とし、バージョンアップ禁止にしようと思います。

元々、メイン機のMacもそのつもりでいたんですけど、フォトショップに『このOSじゃ、本来の力を発揮しませんので!』と警告が出たわけですね。

唯一の心の支えであるフォトショップさんだけには、嫌われたくなかったのです。
やっぱり二股とかは、無理なんですかねぇ〜(・ε・)

まとめ

バージョンアップについては、2通りの考え方があると思います。

1つ目は『触らぬ神に祟りなし』です。
特に困ることは無いかも知れませんが、ちょっと突っ込んだことをやろうとすれば、困る時が来るはずです。

あとリスクとしては、将来『玉手箱』状態になるかも知れません。

2つ目は『定期的に行う』です。
それなりに毎回、困るとは思いますが色々勉強になるのは確実です。
知るべきか、知らずに過ごすべきか。それはあなた次第です。

バージョンアップには、他にも予期せぬトラブルが待ち受けています。
関わり続ければ、一生暇はいたしません(≧∀≦)

追記

その後のOSとフォトショップのバージョンアップで、普通に使えるよになりました。
とっても不思議です^_^





2件のコメント

  1. こんにちは
    最近ようやくmac osをバージョンアップしました
    まずmac book proをバージョンアップしてようすを見て
    アプリケーションに影響なさそうなのでi macもバージョンアップしました
    以前に比べるとアプリケーションへも影響が少なくなったようです
    でも全くないわけではないので油断はできません
    プリンターはスムースに行かないようです

    1. yutaさん こんにちは^_^

      やりましたね
      いつまでもやらないわけにはいかないですし
      でも一長一短なんですよね
      向き合うことが 成長なのでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)