パブリサイズ共有の自動投稿でGoogle+が『自分とだけ共有』となり『一般公開』ができない

今時の遊び

今時の遊び

ワードプレスの定番プラグイン『Jetpack』の『パブリサイズ共有』機能で、グーグルプラスやTwitterの自動投稿をしている方も多いと思います。

Facebookについては、やたらと長文が掲載されてしまう現象が起こるのと、投稿エラーが出るので、現在は手動としています。

Google+についてはとりあえずの導入でした。そもそも、SEO対策での『All In One SEO Pack』プラグインの設定操作で存在を知り、登録したわけです。

_2016-03-23-9.21.27

しかし最近判明したのが、パブリサイズ共有を行い自動投稿すると『自分とだけ共有』になってしまうのです。

_2016-03-23-9.43.49

ということは、自分とフォロワーにしか見えていないということですΣ( ̄□ ̄; )
せっかく投稿しているわけですから、意味のあるものにしたいのです。



ちょっと愚痴りたい

個人的に思うのが、どうもAmazonやグーグルのマニュアルの日本語は英語の翻訳からなのでしょうか。非常に分かり辛いと思うのです。

厳密に言えば、中身は便利になっているけれど、ある程度知識のある人でないと、セキュリティー的にも正しく使えないわけですね。

その点、フェイスブックやツイッターは実際には色々出来るけど、表面的な投稿が可能なので幅広く使われているというのは、やはり『分かりやすい』という理由が大きいのだと思います。

SNSの宣伝効果は大きく、現在ではなくてはならない存在になっていることは確かなので、その数は一つでも多い方が良いのです。更に自動投稿は一度設定して放って置けば良いので楽ですよね。

もちろん『全自動が良い』という意味ではありません。
必要に応じて『助けてもらう機能』だと思っています。

一般公開へ変更する

_2016-03-23-9.28.34

・Google+のトップ画面で、上記画像の左の赤丸の『設定』をクリックします。

・『全般』の『管理』をクリックします。

_2016-03-23-9.24.33

・管理画面の中盤に『他のアプリとアクティビティの管理』があります。

・左側の『アプリと投稿への+1を管理』をクリックします。

_2016-03-23-9.25.08

これが犯人でした(≧∀≦)

・『公開対象』の『設定』をクリックします。

_2016-03-23-9.25.44

・『一般公開』とし『保存』をクリックして設定終了です。

まとめ

これについては、以前から疑問がありました。

その他にもGoogleからの問い掛けに応じたら、YouTubeのチャンネルが独立してしまったりと未だにちゃんと理解出来ていないながらに使っています。

今回は親戚の家へ行った時、パソコンを借りたことで判明した事実でした。
これがなければ、気付けなかったでしょうね。感謝です(。-人-。)

こういう設定って、みなさんどこから情報入手しているんでしょうかね。
なかなか完璧には設定出来ませんね〜(≧∀≦)





2件のコメント

  1. 「Amazonやグーグルのマニュアルの日本語は英語の翻訳からなのでしょうか。非常に分かり辛いと思うのです。」
    この部分、超同感です!いつも同じように思っていました。
    だからフェイスブックと比べグーグルプラスは利用者が少ないのですよね。
    グーグルプラスの設定が無事できました。ありがとうございました。

    1. さちさん こんにちは^_^

      コメント、ありがとうございます。
      お役に立てて、光栄です。
      未だに、グーグルプラスの設定では悩むので、ほとんど使わなくなりました。
      便利なはずなのに、難し過ぎるって何ですかね〜(・ε・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)