Mac『PDFファイル』のサイズを小さくしてメールで送る方法

椿

椿

PDFファイルって便利ですよね〜。

そもそもパソコンの企画は様々で、自分が使っているソフトを相手が持っていなければ、送っても開くことすら出来ないのです。

よくある話ですよね。

例えば、あまりにも有名なOffice(オフィス)の(Word)ワードやExcel(エクセル)でさえも、WindowsとMacでは企画サイズが違います。この辺りは意味が分からないとして、とにかく自分で対応させなければなりません。

そこで大活躍するのが『PDF形式』ですが、頑張って制作したデータをメール送信しようとしても、サイズが大き過ぎて送れない場合があるんですよね。

オンラインストレージを使うのはナンセンスです。

とにかく様々なクライアントがメールやLineでも受け取れて、開きやすい環境を、こちらが作り出さないとイケナイと思うのです。



ZIP形式の圧縮はダメ

真っ先に思い浮かぶであろう『ZIP形式』の圧縮は、ほとんど意味がありません。
ちなみにYahoo!メールは25MBまでの対応です。

画像が入っていたら、直ぐに超えてしまうようなサイズですよね。

PDF書き出し変換から

_2016-05-14-15.21.22

_2016-05-13-20.52.06

それでは順を追って説明いたします。

今回はMac標準の『pages』で制作した資料を使います。

_2016-05-13-20.53.01

『pages』の上部バーより『ファイル』⇒『プリント』を選択します。

_2016-05-13-20.53.17 

左下の『PDF』をクリックします。

_2016-05-13-20.53.33

_2016-05-13-20.53.52

『PDF』として保存をクリックし、名前を確認して保存しましょう。

_2016-05-13-20.54.14

_2016-05-13-20.54.32

3ページ程度の資料ですが『32.5MB』とメールサイズを超えてしまいました。

標準のプレビューアプリで小さくする

_2016-05-14-15.33.10

PDFファイルの縮小は標準の『プレビューアプリ』で行います。

_2016-05-13-20.55.47

先ほどPDF形式で保存したファイルを開くと『プレビュー』で起動されます。

上部バーから『ファイル』⇒『書き出す』を選択します。

_2016-05-13-20.56.16

『Quartzフィルタ』の『Reduce File Size』で書き出します。

ファイル名が同じだと上書きされてしまうので、注意して下さい。

_2016-05-13-20.57.06

_2016-05-13-20.57.18

無事に『1/10以下』となり、楽々メールで送れるサイズとなりました。

めでたし、めでたし^_^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)