フライパンで『焼鳥』コツを知れば誰でも簡単に美味しく作れる

焼き鳥丼

焼き鳥丼

『焼鳥』は居酒屋では定番ですが、家庭ではなかなか作れません。
理由は簡単で、直火が面倒だからなんですよね。

それならフライパンでとなるのですが、思ったほど上手に出来ないのが現実です。
今回はちょっとしたコツを盛り込み、少しでも本物に近付けてみたいと思います。



焼鳥のタレ

 醤油   大2 
 みりん    大1
 酒    大1
 砂糖   大1 
 中華スープの素   大2 
生姜   チューブ 適量 
 にんにく(好みで) チューブ  適量 

ササっと作りたいので、難しくは考えないで下さい。
にんにくについては、その後の行動に合わせてご使用下さい。

中華スープの素は、スーパーで見かける顆粒タイプです。
『あれば嬉しいよね』ぐらいの気持ちで大丈夫です。

作り方

鶏モモ肉 ブツ切 2枚
ネギ ブツ切 1本

鶏はムネ肉でも良いです。お財布と相談して下さい。
ネギもあればで良いです。

焼き鳥丼

・フライパンに肉を入れます。(中火と強火の間)

テフロンの場合は油なしでいきましょう。
少し焦がすぐらいが丁度良いのです。

・投入後一度広げたら、しばらくはそのまま。

キッチンが汚れるので、蓋をしますが密閉はせずにズラしておきます。

焼き鳥丼

・色が付いて来たら、ひっくり返りましょう。

焼き鳥丼

ここで『コツ』のお時間です。

焼いているとお肉から油が出ますが、その油を利用すると、均一に火が通ります。
良い感じに焼けたら、キッチンペーパーで油とフライパンの焦げを拭き取ります。

油を拭き取ると、この後投入する『タレ』が絡みやすくなるのです。

焼き鳥丼

こんな感じですね。

・ここでネギを入れ、焼きましょう。

また油や水分が気になるようでしたら、再度拭き取ります。

焼き鳥丼

・火加減を中火にして、タレを投入します。

焦がさないように様子を見ながら、時々回します。

タレにとろみが付いて、肉に絡んで来たら完成です。

まとめ

この手の料理は、一気に加熱してしまうと美味しく仕上がります。
逆におっかなびっくりで、弱火でチマチマしているとフニャフニャになり、食材から旨味と水分が出てしまうのです。

ですから『中火以下にしない』ことで、旨味が凝縮される仕組みなのですね。



2件のコメント

    1. yutaさん おはようございます^_^

      料理は楽しくておいしくて 良いですね
      毎日のことですから 尚更面白くやりたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。