WordPressのテキスト入力から、改行を操る

141011-10

141011-10

CSS入力はできません。それでも立派にWordPressで記事を書いています。

そんな方も多いのではないでしょうか。始めのむずかしそうな印象と違って、とにかくプラグインが豊富ですから、ある程度のことは叶えてくれます。

もうちょっと『ああしたい、こうしたい』というのはあるんですけど、テーマのCSSをいじると、色々影響が出そうなので極力触らないようにしています。



改行が上手く行かない

記事はもちろん『ビジュアル』で書いているんですけど、時々『改行』が上手く行かずに困ることがあるんですよね。例えば画像を左詰めにした際、文字の回り込みが起きますが、調節して保存するとプレビューではレイアウトが変わってしまうことが、よくあるんですよね。あと、意味不明な改行がいつの間にかされていたりもします。

始めのうちはあれこれ悩みましたが、結局無理だということに気付きました。そこで、『テキスト』のCSSを見るようになったのです。

スクリーンショット-2015-01-30-15.04.45

まぁ、見たところで何のことかは分かりませんが、それでも改行ぐらいは分かってきます。HTMLみたいなものですからね。理由は分かりませんが、きっとビジュアルでの作成表現には限界があるのでしょうね。

なのでCSSから変更してやると、きっちり思い通りに改行やスペースを反映させることができました。

あと番号無しリストに『段落のpre』を入れようとすると、見栄えの悪いスキマができてしまうこともあります。これは絶対にCSSからでないと修正不可能だと思います。長い表の制作は、コピペすれば一瞬で伸ばせるのも便利です。

分からないなりにも毛嫌いせず、触りだけでも見ようとすれば、もっと世界は広がって行きそうです。

改行をコントロールする

そしてもう一つ、これは目からウロコだったのですが、普通にビジュアルで記事を書いて行く時に改行すると、広くなり過ぎてしまうという疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

知っている方には『当り前じゃん』と言われてしまいそうなテクニックですが、知らない方のために記述させて頂きます。

通常の書き方だと、長い文章を書く時に一番右まで行くと折り返されますよね。このように。

でも上の文章は改行後、一文字で終わってしまっていて、ちょっと見栄えが悪いです。

そこで文章をキリの良い所で2つに分けるのですが、

↑ちょっと行間が広過ぎます。

これは『return』や『enter』を押した時に起きる疑問点です。
そこで『shift』と同時に押してみて下さい。こんな感じで行間が狭くなります。

僕は今まで、これを知らずに少々悩んでおりましたが、スッキリいたしました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)