今しか撮れない『街撮りスナップ』を楽しむ

商店,ドラム缶

商店,ドラム缶

日本一周を何度か行い、出した答えが『日本は大体同じ風景』という結論でした。
どこへ行っても山と海と田畑で、旅人には耐え難い寂しさを含んでいます。

人が押し寄せる観光地にはあまり近付かなかったので、そういう見解になってしまったのかも知れませんが、その分裏側に目を向けて来ました。

それで気付いたのが、今しか撮れない『街撮りスナップ』の魅力です。
今回はつまらないであろう風景を、魅力的に撮影するコツをお伝えします。



街撮りスナップの魅力

瓦,民家

最近ではレアポケモンをゲットする為に、人々が外へ出る流れがあるようです。

ついつい『歩きスマホ』が議論されてしまいますが、それは置いといて、とても素晴らしいことだと思うのです。理由は、今まで行かなかったところに行くということです。

そして行かなければ気付けない風景が、そこにはあるのです。

ちょっと強引ですが街撮りとは元々そういうもので、当たり前の風景を魅力的に撮ることだと思います。もっと言えば、魅力を感じながら撮るのです。

人は海外に行けば、パシャパシャ撮りますよね。あの感覚です。
しかし1ヶ月も住めば、撮らなくなるはずです。

そう、飽きてしまうのです。

この感覚はとても致命的ではありますが、この先に進めない人も多いはずです。
対処法として唯一有効なのが、歴史を知ることでしょうか。
事前に調べ、実際に訪れること何倍も魅力が違うはずです。

食の魅力

海老ラーメン

日本を訪れる観光客の足取りを調査してみると、有名観光地は勿論なのですが、普段の日本人が訪れる庶民の拠り所に人気があるようです。

ラーメン屋・牛丼屋・居酒屋などですね。

刺身の盛り合わせ

私も地方を訪れた時には、やはりその土地の人の集まる場所を探すようにしています。
チェーン店は安心ですが、こちらはドキドキしたいのです(≧∀≦)

味噌ラーメン

そんな観点から路地へ入り、その土地の食を堪能することで、ますます知らなかった部分が見えて来ます。

160727mp0006

そんな楽しみ方に気付いたのは、ごく最近のようにも思います。

雨上がりの魅力

パールライス,看板

さすがに雨降りの撮影はしんどいのですが、やんだ時はチャンスです。
しっとりと地面が濡れており、水溜りもあって全てが輝いて見えるはずです。

これは確実に運ですが、街でも森でも風景の魅力が加速します。

虹,鉄塔

更に日差しが出れば、虹が出るかも知れませんしアスファルトが輝くかも知れません。
その一瞬と裏路地の風景を合わせることが、街撮りスナップのご褒美なのです。

裏路地の魅力

タイヤ

裏路地とはそれこそ、その土地によって様々ですが、それでも的確に見付けるポイントがあります。それは過去に栄えていたということです。

一番分かりやすいのが、城下町でしょう。

現在でも町のPRとして、保存修復が行われている所も多くありますが、実はそれが出来ずに廃れてしまった土地の方が、カッコ良かったりするのです。

これについては、好き嫌いもありますから、自分なりの観点で探してみて下さい。

今の魅力

古き良き時代の風景

よく昭和の魅力と言って、昔を懐かしむことがあります。
しかしその心理って、その時代を知らない人にとっては分かり辛いかも知れません。

今の日本は、古い町並みの向こうに大きなビルが出来たりと、不一致ではありますが、ギャップとしての今しか見られない風景が多く存在します。

これをつまらないとするか、魅力と捉えるかで、この先に残る作品が変わってきます。
観点とは押し付けではなく、自分の見方であり感覚です。

だから写真は、もっと自分の為に撮ることがあっても、良いと思っています。



2件のコメント

  1. なるほど勉強になりました。
    しかし当然でしょうがプロの方の写真はお上手ですね。 美しいです。
    疑問ですがラーメンなど熱いものはどのように・・・
    扇風機などで湯気を飛ばすのでしょうか、あるいは冷めるまで待つのでしょうか?
    わざと立ち上る湯気も撮るという技法もあるようですが真上からは撮れませんよね。
    私は暗闇(暗がりでのスナップ)、星空、花火など撮れないものがたくさんあります。
    写真て難しいですね。私は所詮趣味なので撮れるものだけで楽しんでます。^^

    1. torikoさん こんばんは^_^

      ラーメンについては、湯気の掛からない位置から撮るしかありません。
      また、背景が暗くないと湯気は写りません。
      商用であれば、ライティングで湯気を反射させることもあります。
      また、フォトショップで描いたり、湯気アイテムを使うこともあります。

      実は花火も星空も、意味が分かれば簡単な領域です。
      すごいのは寒空の深夜に、山の上にいたり混雑の花火会場にいたりということでしょうか。
      でも、やっぱり撮影は楽しいですよね^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。