ステーキ風『あぶりローストビーフ』赤ワイン漬

炙り,ローストビーフ,スキレット,ダッチオーブン,赤ワイン,漬ける,キャンプ

161008mp0055

キャンプシーズンということもあり、ダッチオーブンやスキレットで作れる『簡単な肉料理を教えて欲しい』という問い合わせが入りました。

毎度のことですが、私は写真屋さんです・・・(  ・ω【◎】

一般的な『ローストビーフ』ではつまらないので、今回は漬け込み型の調理法を採用してみました。いやぁ、これがなかなかどうして、超美味しいのです\(^o^)/



今回のテーマ

・簡単であり、キャンプでも使えるレシピであること。
・フライパンやスキレットなど、一つの鍋で完結し洗い物が少ないこと。
・好みの焼き加減で食べられること。

譲れない条件として、上記を念頭に考えました。

あぶりローストビーフのレシピ

  牛肉   適量
A   適量
黒胡椒   適量
オリーブオイル   適量
ニンニク チューブ可 適量
B 赤ワイン 2 200cc
醤油 1 100cc
コンソメ あれば 1個
  玉ねぎ 粗みじん 1個

あぶりローストビーフの肉の処理

161008mp0012

お肉の下処理は毎回同じなので、ざっくりと書きます。

詳しくは、下記のリンクから確認出来ます。

1.肉に穴を開けレシピ(A)の調味料を擦り込んで下さい。

そのまま、常温で0.5H〜1H放置します。

161008mp0017

2.フライパンにレシピ(B)の調味料を入れて沸かします。

容器に開けて、フライパンをサッと洗いましょう。

161008mp0022

3.フライパンを熱し、肉の前面を焼き付けて下さい。

今回は、余熱調理はしません。

161008mp0027

4.ワインのタレと肉をビニール袋に入れ、中の空気を出します。

このままディナーまで放置します。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れても大丈夫です。
後日まで深く漬けたい場合は、少し醤油の量をコントロールしてみましょう。

また、この状態まで調理してキャンプへ持って行っても良いですね。

あぶりローストビーフのソースを作る

161008mp0033

漬け込むと、良い感じの色になりました。

161008mp0036

ワインのタレは使うので、取っておいて下さい。

161008mp0030

5.玉ねぎを軽く炒めます。

『玉ねぎはアメ色』とバカの一つ覚えを熱弁する人がいますが、あれは間違いです。

161008mp0037

6.そこへワインのタレを投入し、少し加熱します。

玉ねぎがシャキシャキするぐらいが美味しいです。

あぶりローストビーフを仕上げる

161008mp0042

7.肉を切ります。

ここからがこの料理の面白いところで、好みに合わせて炙るのです。

焼肉のように、サッと炙るのも良し。

スキレットを熱してテーブルに配置し、食べる時にお好みでジュ〜とやっても良いでしょう。また、生が好きならそのままでも美味しいです。

どちらも火傷にはお気を付け下さい。

161008mp0048

玉ねぎソースをたっぷり掛けて美味しく頂きましょう。

当たり前ですが、ワインとの相性は抜群です(≧∀≦)



2件のコメント

  1. おはようございます
    今回もおいしそうにできましたね
    料理もセンスが必要でしょう
    あたしには難しいです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。