『198B』大光量LEDビデオライト(1250ルーメン)LOE(ロエ)の実力

198B,LOE,LED,ビデオライト

161112mp0006

写真撮影でLEDライトが必要かと聞かれれば微妙なラインですが、動画にはかなり重宝しそうです。最近では安価で完成された商品も多く販売されているので、知らないでは済まされませんよね。

内容としては『光』ですから技術面では何も変わりませんが、実際に使ってみるとなかなか便利さを感じるのです。良い時代になりましたね^_^



198Bは色温度調節が可能

161112mp0009

全灯状態

3200Kと7500Kの2つのダイヤルで調節し、色温度のバランスを取ることが出来ます。

最近のカメラのホワイトバランスは素晴らしいですし、RAW現像での後処理でも調節可能ですが、アイデア次第では活躍してくれそうです。

161112mp0007

3200Kのみ

161112mp0008

7500Kのみ

161112mp0010

デュフェーズパネル装着

かなり明るいので、モデルさんに正面から直射すると可愛そうです。
状況に応じて、コントロールしてあげる配慮が必要です。

198Bのバッテリーについて

161112mp0012

背面にバッテリーが装着が可能です。

また、AC-DCアダプターが使用可能です。

注意点として、 AC-DCアダプターとバッテリーや電池の同時使用は出来ません。
必ず、バッテリーや電池を外してからの使用をお願いします。

161112mp0014

バッテリーアダプターは、取り外しが可能で交換が出来ます。

161112mp0016

・Canon:LP-E6

・Nikon:EN- EL15

・Panasonic:CGR-D16S

・SONY:NP-FH70,NP-FM55H,NP-F550

198B,LOE,LED,ビデオライト

単三電池6本でも使用出来ます。
エネループも使えます。

この製品の人気の理由は、豊富な電源の種類でしょう。

198Bの装着の自由と付属品

161112mp0013

この角度から見ると分かりやすいのですが、ホットシューアダプターを装着出来る箇所が、4辺の全てに切られています。縦でも横でも逆さまでも使えるんですね。

ちなみに画像の足の部分は、付いてきません。

161112mp0021

付属品のカメラ側のホットシューアダプターです。

ネジ切りもされているので、三脚へも取付け可能です。

161112mp0022

スライド式のデュフェーズパネルは、光を柔らかくしてくれます。

161112mp0018

一見意味不明なパーツですが、これはLED液晶パネル自体を連結するものです。

2個買い以上の方用ですね。

198Bの使用目的と工夫

ムービーには便利な商品ですが、実は写真撮影に向いているとは言い切れません。

しかし、フラッシュには出せないボケを演出することは可能なので、使用目的とアイデア次第で重宝しそうです。

私の購入の動機は、ピント合わせでした。

例えば『EOS7D』と『EOS7D2』を同条件で比べた場合、暗闇でのピントの感度が『EOS7D2』が格段に上なのです。

一昔前の一眼レフはボディーにピント合わせ用のライトが装備されている機種がありましたが、性能の向上により省かれてしまいました。

しかし、やはり物理的に無理なシーンもあるのです。
フラッシュを装着していても、ピントが迷ってしまっては意味がありませんからね。

それで実際の光量はストロボで、ピント用にLEDライトを三脚に装着し、必要に応じて照らしたいと思った訳です。

しかし残念なことに、ダイヤル以外のスイッチはありません。
集中したい現場では、結構ON/OFFが手間なんですよね。

現状では、ライトの向きを変えて対応しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。