肘が抜ける肘内障にびっくり

IMG_3523

IMG_3523

子供は自由を好みます。楽しくなると走り出し、段差を見付けては登るわけです。楽しそうで良いのですが、人様にご迷惑を掛けては困るわけでして・・・。

先日、近所のスーパへ行きました。まぁ、はしゃぐわけですね。右手に買物かご、左手は子供と手をつないでいるので、親は結構必死です。

急に走り出したり、欲しいものがあると取りに行こうとして転んだり、あぁ忙しい人。 そんなこんなで腕を引っ張っていると、急にギャーギャ泣き出す始末。

恥ずかしいというか、誘拐犯みたいで困るのです。なので、右手には買物かご、左手には抱っこ13kgになるのです。お会計を済ませ自宅に帰ると何かがおかしい。

左手を一切、動かさないのです。

とりあえず、骨折を疑って整形外科へ行きました。

『肘が抜けていますね。肘内障(ちゅうないしょう)です。』

お医者様はそう説明すると、腕を触り『はい、入りました』と職人技を見せてくれました。びっくりしましたねぇ。その瞬間子供はギャーギャー泣き出しましたが、親としては一安心です。今泣いているのは、入った時の衝撃の痛みだそうです。

  • 肘の亜脱臼で、自転車のチェーンが外れるようなもの。
  • 小学3年生位までは、関節の構造が成長段階なので外れることもある。
  • 薬を飲んだり、お風呂に入ってはダメとか、そんな制限は一切なし。
  • 腕をダランとさせて、使おうとしないのが特徴。
  • 靭帯や筋肉や骨などに一切ダメージはなく、クセになることもない。

『何かあったら、直ぐ病院へ』

帰りには『お土産付きの診療です』と言われ、車のおもちゃを頂きました。お医者様って素晴らしいですね。我家の近くにはこういった素敵な病院が多く、何かある度に主治医が着実に決まって行きます。

まだちゃんと話せないので、どこが痛いのか原因は何だったのかは分かりません。あれこれ悩まず、とにかく診療。そう言って頂き、何とも心強さを感じました。

本人は相変わらず、はしゃいでいます。また抜けること、間違いなし。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)