放浪旅人がすご過ぎる

141017-21

141017-21

旅行をする前の準備段階で、絶対に行きたい場所をピックアップするんですが、最近では『るるぶ』などの雑誌は使わずに、検索した『ブログ』に頼ることも多いのです。そんな中で出会うのが、ちょっと度を超えたいわゆる『放浪旅人』なのです。

僕も過去に日本を何周かしましたが、思い返してみると『ただ通り過ぎただけ』という地域も多いのです。やはりそれは時間の関係と『面白い所だけ観たい』という気持ちから起こる錯覚なのでしょう。結局『行ったけれど何も覚えていない』という感じです。

それを根底から覆してくれるのが、放浪旅人の方々。詳しくは分かりませんが、とにかく時間に余裕があるようです。あとは暮しやすい車環境で、例えば『キャンピングカー』や『ワンボックスカー』を使用されています。

Pocket Wi-Fi等を使って外にいながらブログを更新しているわけで、観ている側からすればリアルタイムの情報が入手でき、とても参考になるのです。内容も素晴らしく、とても車の中から書いたブログとは思えません。



旅人って多分『やめられない止まらない病』なのです。一度その素晴らしさを知ってしまうと、きっと一生治らないのでしょう。

家に帰ってもいつの間にか次の旅立ちの準備をしているわけで、仕事が忙しかったり家庭の事情もあるでしょうけれど、それでも必ず『またいつか』という想いで狙っているのです。僕もそうですが、これは麻薬と一緒です。

旅から帰って来ると、なぜか後悔ばかりが残るのです。これはきっと『人間の欲』なのでしょうね。『あれもこれも欲しい』ということ。実際は、天気や時間帯の都合がありますからね。だからこそ反省会を開き、次への活力へしてしまうのです。

驚くのが放浪旅人の方って、どこで入手したのか分かりませんが、マニアックな観光をするんですよ。絶対にガイドブックには載っていませんから、やはりネット情報なのでしょう。だからしっかりとお勉強をされていて、興味を持って訪れているわけです。だから飽きないんでしょうね。

そんな訳ですが、やはり一番驚くのが『旅の長さ』です。もはや生活なのかも知れません。僕が参考にさせてもらっている準備段階には、すでに長いこと旅をされているわけで、帰って来てしばらくしても未だ『旅の途中』なのです。う〜ん、別格。

キャンピングカーで放浪の旅Ⅱ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)