Macキーボードのテンキー『F16』を『TAB』にする

イクスピアリ

イクスピアリ

 パソコン選びで譲れない点は、それぞれあると思います。僕の場合、キーボードは絶対にテンキーが付いていないと困ります。

『そんなのUSBテンキーを使えばいいじゃん』

そんな声が聞こえて来そうですが、作業効率を上げる為に右にも左にも欲しいのです。ちなみにUSBタイプは左上に『TAB』キーを装備しています。

なのでExcelなどのセル移動も簡単に行えますが、Macのテンキーのその位置は『clear』が配置されています。よって左側の『TAB』を使わなくてはいけないというわけです。



614xtp0iLtS__AA1200_

 『clear』はそのまま使いたいので、だったらその上にある『F16』が開いてるじゃんという発想です。調べてみたら、さすが\(^o^)/ ちゃんとソフトが存在しました。

スクリーンショット-2015-05-11-7.57.12

Karabiner

こちらをインストールし、下記の方法でセッティングします。

スクリーンショット-2015-05-11-7_56_07

左上の『Change Key』を選択。

スクリーンショット-2015-05-11-7.53.56

スクリーンショット-2015-05-11-7.54.28

スクリーンショット-2015-05-11-7.54.59

スクリーンショット-2015-05-11-7.55.34

 画像の順番に開いて行き、最後に『F16 to Tab』にチェックを入れます。設定はこれだけです。『F16』が『TAB』として使えるようになりました。

ちょっとしたことですが、この位置に『TAB』があると作業効率が格段にアップします。わずらわしさを感じていた方は、是非お試し下さい。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)