WindowsとMac両方で使える、USBメモリーのフォーマット設定方法

1506060027

1506060027

USBメモリーは、WindowsとMacの両方で使えます。なのでデータをPC間で行ったり来たりということも簡単に行えるわけです。

しかし、USBメモリーが初期設定のままだと、相互性を持たなくなってしまうこともあるんですよね。

いざという時、困らないようにフォーマットを一度、確認してみましょう。



スクリーンショット-2015-06-16-17.35.27

USBメモリーにデータを入れようとしました。これはWindows時代から使っていたもので、容量は4Gあります。

ファイルを開くと中身は空なのですが、ここに新規ファイルを入れようとすると『容量がいっぱいです』と警告が出ます。そこで、右クリックからファイル情報を確認してみると、空き領域が『121.7MB』という表示なのです。

おかしいΣ( ̄□ ̄;)

それで『これはフォーマットが原因』となったわけですね。

スクリーンショット-2015-06-16-17.50.03

では、アプリケーションから『ディスクユーティリティー』を起動させます。

スクリーンショット-2015-06-16-17.50.35

USBメモリーは『FAT32形式』になっていることが多いです。ちなみに『NTFS形式』だとMacからは書き込みができなくなります。

WindowsからMacへ乗り換えて、外付けHDDを使用すると大抵の場合ぶち当たる壁なので、経験者も多いかと思います。しかし、知らなければそれまで。

それについては、またそのうち書きます。

設定方法は、上記画像のように左枠でメディアを選び、右枠上から
『パーティション』を選択。

パーティションのレイアウトを通常は『1パーティション』で。

スクリーンショット-2015-06-16-18.01.34

フォーマットは通常『MS-DOS(FAT)』で、4GB以上のファイルを扱う場合には『exFAT』を選択しましょう。

スクリーンショット-2015-06-16-18.01.52

オプションは一番下の『マスター・ブート・レコード』になっていることを確認して下さい。

適用すれば、理想の形でフォーマットされます。

終わったら、USBメモリーファイルを右クリックして、情報を確認して下さい。
一般情報から、容量と空き領域の数字が同じ位なら成功です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)