Mac『Excel』と『Numbers』連続番号の割振り方の違い

1506230218

1506230218

『Mac』を使っている方なら、お分かりかと思いますが『Numbers』や『Pages』はちょっとした書類作成には、とても便利なソフトですよね。

『ワード』や『エクセル』が簡略化されたような印象で、直感的な操作で色々こなしてくれるわけです。

Excel,Word,Numbers,Pages

しかし、ちょっとした操作方法が異なる場合があり、困ることもあるのです。開発元が違いますから当然ですが、直感でやる以上、つまずいた時にはメモメモです。



今回は、エクセルでよく使う連番機能です。

『Excel』の場合

数字を入力して、右下のポッチをダーッと下へ引きずると、同じセルが続きます。

右下に現れた『+』マークから『連続データ』を選択すれば連続番号が割り当てられます。

『Numbers』の場合

同様に数字を入力して、右下のポッチをダーッと下へ引きずると、数字は付いて来ません。これは選択範囲を伸ばした状態となります。

そこで一旦戻り、今度はセルの下ラインの黄色いポッチを伸ばしてみると、見事に数字がコピーされました。

しかし、連番にはなりません(T-T)

では、正解を書きます\(^o^)/

『1』の下に『2』も書いて下さい。そして両方選択してから黄色いポッチを伸ばしてあげましょう。

すると見事に連番となりました。めでたし めでたし(^_^)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)