『WP Rakuten Link』と楽天アプリID/デベロッパーIDとは

141015-36

141015-36

少し前にアマゾンアソシエイトの『AmazonJS』について記事を書かせて頂きました。『設定は大変だったけど、便利だなぁ』と喜んでいたら『楽天はどうなの?』という疑問が湧いて来たので調べてみました。



AmazonJSでお困りではないでしょうか?

1/2 AmazonJSでお困りではないでしょうか? 2/2

AmazonJSと比べると簡単でしたが、やってみると紛らわしいと感じるはずです。その正体がこの3つ。

  • 楽天ID
  • 楽天アフィリエイトID
  • 楽天アプリID/デベロッパーID

ねっ、分かり辛いでしょ。中でも『アプリID』って言うから別にアプリでもインストールするのかと思っちゃいます。


WP Rakuten Linkをインストール

まずはプラグインの『WP Rakuten Link』をインストールしたいのですが、これはいつも通りのWordPressのプラグインからは入手できません。

犬小屋にて ←こちら様よりダウンロードして下さい。

スクリーンショット-2014-12-20-23.39.43

画面下のダウンロードから入手。ディスクトップなどへ一旦置いてから、右クリックより『.zip』へ圧縮し、WordPressプラグインよりファイル展開し有効化して下さい。

スクリーンショット-2014-12-20-23.39.03

設定項目へ追加されました。

スクリーンショット-2014-12-20-23.38.23

リンクを使うには『楽天デベロッパーID』と『楽天アフィリエイトID』の入力が必須なようです。早速、入手しに行きましょう。


楽天アプリID/デベロッパーIDの入手

※ 『楽天市場』と『楽天アフィリエイト』への登録は前提といたします。

 楽天ウェブサービス ←こちらです

スクリーンショット-2014-12-20-23.35.10

3番目の『アプリの発行』をクリック。

スクリーンショット-2014-12-21-16.14.42

  • アプリ名・・・好きな名前
  • アプリURL・・・ブログのURL
  • 知ったきっかけ・・・適当に
  • 認証・・・見える数字

『新規アプリを作成』を押し完了。 『楽天ウェブサービス』のトップ画面の右上『アプリ情報の確認』をクリック。

スクリーンショット-2014-12-20-23.36.47

すると、上記画面にてIDの確認が可能ですのでメモするなりして大切に保管して下さい。


取得したIDを入力しましょう

スクリーンショット-2014-12-20-23.38.23

『WP Rakuten Link』設定画面行き、取得したIDを入力しましょう。 必要であれば、ここから詳細設定が可能です。

スクリーンショット-2014-12-20-23.41.13

記事編集画面下に『楽天市場 商品検索』が生成されました。 検索すると商品が表示されます。商品画像下の『挿入』で記事に掲載し、プレビューより確認して下さい。こんな感じ↓で表示してくれますよ

好評につき売切れです


追記
(2015.8.31)

2015.5.24の楽天APIの旧インターフェースの停止に伴い、エラー表示となりました。上記表示は修正済みです。

WP Rakuten Linkがエラー。楽天アフィリエイトプラグイン「wp-rakuten-link」を楽天APIの更新に対応させた。

自宅サーバの整理箱

上記の記事に修正ファイルが掲載されています。こういうのって、本当に助かります。心より感謝申し上げます。ありがとうございました<(_ _)>

楽天アファリエイト『WP-Rakuten-Link』プラグインがエラー表示になった





3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)