『クリックポスト』と『スマートレター』と『レターパック』と『信書』

miyabix

miyabix

今まで郵送は『レターパック』を使っていたのですが、ちょいと料金(ライト360円/プラス510円)が厳しかったんですよね。それに『クロネコメール便』も廃止となっていたので、正直困っていたのです。

春頃だったでしょうか。郵便局で『スマートレター』という郵送サービスのポスターを見付け、とりあえず10枚ほど衝動買いをしました。

さらに、前にも書きましたが『クリックポスト』というサービスも始まったので、これはちゃんと『用途に合わせて使い分けられるようにしなければ』と考えたわけです。



  スマートレター クリックポスト レタパックライト
料金(円) 180 164  360
サイズ(cm)  25 × 17(A5) 34 × 25(A4) 34 × 24.8(A4) 
厚さ(cm)  2  3  3
重量(kg)  1
信書 可   不可 可 
追跡  無 有  有 
封筒 専用   指定無 専用 
スピード やや速達 普通 速達
その他   プリンター必須  

ざっと表にまとめてみました。それぞれ明らかに性格が違うので、発送物によって選ぶ必要がありますね。

スマートレター

実際に送ってみた感想ですけど、一応速達並みとはいうものの早いという印象は持てませんでした。それに追跡サービスがないのでモノによっては不安です。

僕の場合は『データDVD』などに使っています。

クリックポスト

宛名をプリントしてハサミで切って貼り付ける作業がありますが、間違いが起きにくい点が良いですね。何より追跡サービスがありがたいです。定形外郵便は追跡がオプションでしたからね。

定形外は厚さ制限がないので助かっていましたが、3cmって衣類とかには向きません。

レターパック

とにかく早いです。頑張り過ぎです(≧∇≦)

なので料金は仕方ないですよね。ワガママを言わせてもらえば『プラス』を廃止にしてもらって『ライト』の厚さ制限を解除してもらえれば言うこと無しなんですけどね。

はい、自己中過ぎますよね(。-_-。)

信書について

「信書」とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」です。

郵便法

  • 書状
  • 請求書・納品書・領収書などの類
  • 会議招集通知等
  • 許可証等

総務省

非常に曖昧な表現なので分かりづらいのですが『クロネコメール便』を廃止に追い込んだのが、この『信書』でした。

ただここで疑問なのが『オンラインショッピングなどの領収書は入れちゃイケナイの?』となるわけです。しかし、納品書・請求書・メッセージなどは信書にはあたらないと解釈されています。

不思議です(⌒-⌒; ) まぁ、ありがたいんですけどね・・・。

ちなみにAmazonなどは『購入履歴』から領収書をプリントアウトできるようになっています。きっと突っ込まれた時の対処法なのでしょうね。

実際に、業者によっては領収書の同梱の有無があります。この辺りも印象が悪くなる場合もありますが、自社を守る為と受け取れますね。

あとがき

とにかく、選べるだけのサービス数があるということです。賢く使って安全第一を心がけて行きましょう。





2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)