スキレットでステーキを美味しそうに焼く。『玉ねぎソース』&『シャトーグラッセ』

国産,牛モモ,ステーキ

国産,牛モモ,ステーキ

こんなの作ります。224グラムの国産和牛のモモ肉ステーキ。原価は1,000円ほど掛かりますが、お外で食べたら大変ですからね。

今日は『牛モモ肉』・『玉ねぎソース』・『シャトーグラッセ』の3品です。



お肉さん

特にこだわる必要はありません。

食べたいものを財布と相談しながら決めて下さい。

国産,牛モモ,ステーキ

普段は手が出ませんが、本日は『広告の品』が手に入りました。

224g × ¥398 = 891円なり(⌒-⌒; )


牛ステーキ

牛肉 何でも
適量
黒胡椒 適量
ウィスキー(酒) 少々
油(牛脂) 少々

国産,牛モモ,ステーキ

1.常温に戻すために冷蔵庫から出します。とりあえず塩胡椒しましょう。

国産,牛モモ,ステーキ,肉たたき,肉筋切り器

国産,牛モモ,ステーキ,肉たたき,肉筋切り器

2.刺したり叩いたりするのも良いですね。

3.スキレットを中火で温め油を引きます。

最近はテフロン鍋が多く油を嫌いますが、油は食材へ均一に熱を伝える役目をします。本来はフライパンから煙が出るまで熱して冷まし、多めに油を回して捨てる作業をします。この辺りは出来る範囲で大丈夫です。

国産,牛モモ,ステーキ,スキレット

4.お肉を投入します。幸せな音がします。30秒したら弱火へ。

国産,牛モモ,ステーキ,スキレット

5.好みの色でひっくり返します。4.の行程で6〜7割ぐらい火が入っているので、焼き過ぎに注意です。

6.仕上げにウィスキーなどのお酒を降り、飛んだら盛り付けましょう。


玉ねぎソース

一品ずつ書いていますが、当然お肉を焼くのは最後ですm(_ _)m
お肉の下処理が終わったら、同時進行でお願いします。

すりおろし器,スライサー,キッチン

すりおろし器,スライサー,キッチン

かわいい『すりおろし器』を頂いたので、今回は『すりおろしバージョン』です。

玉ねぎソース

玉ねぎ 1個 すりおろす
にんにく 1株 すりおろす
生姜 1かけ すりおろす
醤油 2 50cc
2 50cc
バルサミコ酢 2 50cc
ハチミツ 1 25cc(適量調節)

1.玉ねぎ・にんにく・生姜をすりおろし、鍋に入れ加熱する。

ソースパン,玉ねぎソース

加熱が弱いと、辛味が残ります。

ソースパン,玉ねぎソース

2.調味料を全て入れ、煮詰めます。

バルサミコ酢のおかげで、少しとろみが出ます。


シャトーグラッセ

簡単で美味しい、定番のにんじん料理です。

作れるとモテます*\(^o^)/*

シャトーグラッセ

にんじん 1本 シャトー
砂糖 大さじ1  
バター 大さじ1  

これをただ煮詰めるだけの料理です。恐ろしく簡単。

シャトーグラッセ

1.にんじんをシャトーに剥いて、水をかぶるぐらい入れる。

2.バターと砂糖を投入し、中火で煮詰める。

シャトーグラッセ

3.少し汁が残っても大丈夫です。

大切なのは焦がさないこと。

冷めても美味しいので、キャンプの時などは効率の良い時間に作ってしまい、極力鍋を開けましょう。


牛モモ肉と森の香り玉ねぎソース添え

国産,牛モモ,ステーキ

こんな感じで完成しました。青みは『つまみな』です。

ファミレスよりも安く、レストラン並みに美味しいです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)