Mac『ターミナル』アプリで『スクリーンショット』の名前や形式を変更する

1510150243

1510150243

Macで資料作りや記事制作を行う時に便利なのが『スクリーンショット』機能です。普段使いしている方も多いと思いますが、もうちょっと『カスタマイズできたら』と思うこともあるでしょう。

結局はパソコンですから命令を出してあげれば、大抵のことはやってくれるのです。

今回はMac標準アプリの『ターミナル』を使って、スクリーンショット使用時の『名前』と『画像形式』の変更を設定したいと思います。



スクリーンショットの種類

『知ってるよっ!』という方は飛ばして下さいね。

画面全体を撮る・・・(⌘) + shift + 3
画面の一部を撮る・・・(⌘) + shift + 4(ドラッグして領域選択)
特定のウインドウを撮る・・・(⌘) + shift + 4 + space(ハイライト上でクリック)

3番目については知らない方も多いようですが、かなり便利です^_^

『ターミナル』アプリ

さて、ここからが本題です。

ターミナル,アプリ

アプリの『その他』の中にあるはずです。

要は『コマンド』を書くためのシステムなのです。

ターミナル,アプリ

こういうウインドウが出るので、この中に書き込むと反映されるわけです。

設定を変更する理由

スクリーンショットのデフォルトの設定は、デスクトップ上に『スクリーンショット』という名前の入ったファイルが保存されるようになっています。

それでなぜ今回、変更がしたいのかと言うと、サーバーに画像を置く際に
『英数文字』以外を使用すると不都合が起きる場合があるのです。

例えばそれはワードプレスでの『プラグイン』との相性だったりします。なので後々困らないように、初めからこういった設定には敏感になっておくべきなのです。もちろん、今からでも遅くはありません。

名前を変更する

 スクリーンショットなので『SS』というのはどうでしょうか?

このように記述し『return』を押せば反映されます。

ターミナル,アプリ

こんな感じで保存されました。


お分かりの通り『” “』の中の文字がファイル名の先頭文字として反映されます。なので何も書かなければ表示されません。

ターミナル,アプリ

これはこれで、シンプルで分かりやすいかと思います。

デフォルトは『スクリーンショット』なので、戻す際にはこの記述です。


参考までに、応用編も記述いたします。

日付や時間を非表示にしたい

デフォルトへ戻す

画像形式を変更する

デフォルトでは『PNG』なので『JPG』へ変更してみます。

『PNG・PDF・JPG・JP2・GIF・TIF・BMP・PICT・TGA』のような形式を記載することにより、変更が可能です。

デフォルトへの戻し方は『PNG』記載ということになります。

他にも『ターミナル』アプリで出来ることはたくさんあります。必要に応じて調べてみると、必ず快適になる方法が見付かるはずですよ\(^o^)/





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)