真空調理でお湯に浸けて置くだけ『焼豚・チャーシュー丼』しっとり、やわらか

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

こんなもん、美味いに決まっていますΣ( ̄□ ̄;)

しかしそれを、油ギトギトではなく、しかも放って置くだけで出来てしまうのであれば、作るしかないでしょ〜(/∇\*)

しかも、バリエーション豊富です\(^o^)/



この手の肉料理ですが、フライパンで焼き付けるまでの工程は、ほぼ一緒です。詳しく知りたい方は過去記事のリンクをご覧下さい。

まずは、過去に牛・豚のかたまり肉の料理を書いたにもかかわらず、なぜ同じようなものを掲載するかというと、ちゃんと理由があります。

このブログにはキャンプで使えそうな簡単料理を、さらに簡単にして掲載しています。しかしそれは、ある程度スピード重視のものでした。

今回は時間は掛かるけど、管理が簡単で美味しい分野です。

何かで『キャンプの際にまずテントなどを設営し、ダッチオーブンを火に掛けて温泉へ出かけ、帰って来た頃には出来上がっている』という話を読んだのです。

否定するつもりはありませんが『ちょっと火事が怖いなぁ』という印象です。それなら『安全に作る方法はないか?』と考えたのが今回の方法です。

真空調理の焼豚

豚肉  
生姜 適量 チューブ
ニンニク 適量 チューブ
適量  
胡椒 適量  
ジップロック袋   なければビニール2枚
適量 焼く用
 醤油  かぶる位  繰返し使える

1.豚肉に筋切りなどで穴を開け、生姜・ニンニク・塩・胡椒をすり込む。

2.常温でしばらく放置する。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

3.フライパンで、こんがり焼き付ける。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

4.側面もしっかりと焼く。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

5.肉をジップロックへ入れ、ストローで空気を吸い出し真空にする。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

6.お湯をたっぷり沸かし、火を止め肉を沈める。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

7.浮いて来ないように、重石をして東京湾に沈める気持ちで。

このまま放置するのですが、時間は肉の大きさや気温によります。

※ 『ローストビーフ』ならば60分ぐらいでしょうか。

キャンプならばダッチオーブンのお湯に沈め、蓋を閉めて温泉へ行き帰って来たら引き上げるぐらいでしょう。火が入り過ぎてパサパサになるようなことはありませんが、実践する前に一度実験してみると良いですね。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

8.今回は分かりやすくするために、切ってみました。時間は60分程度です。

ちょっと赤いですが、最終的に加熱するので良いにします。

写真の写りで生に見えますが、ギリギリぐらいでした。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

9.醤油(100%)に漬けます。3時間ぐらい放置します。

しょっぱいですが、美味しいのです。この醤油は付け足し付け足しのタレのようなものなので、他の料理にも使っています。

『ちょっと味が強いよ』という方のために、別のタレを用意しました。

 

甘めのタレ

醤油 大1 3
みりん 大1 3
大1 3
砂糖 小1 1

表右の割合を参考にして合わせて下さい。
砂糖は重量ではなく容積です。

ジップロックの中で漬けると少なくて済みます。

一度沸かしてから使用して下さい。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

良い色に仕上がりました。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

10.適度な厚みにスライスします。

※ 牛肉使用のローストビーフは、このまま食べましょう。

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

11.加熱具合が完全に確認できればこのまま食べても良いのですが、今回はギリギリなのと、火を入れることで油が甘くなるので炙ります。

焼き過ぎ注意(・ε・)

真空,調理,焼豚,チャーシュー,丼,醤油,ジップロック,湯,タレ,ほっとく

このまま食べても良し。
ご飯に乗せて『丼』も良し。

上記の『甘めのタレ』を作って掛けても美味しいです\(^o^)/

ジップロックでのお湯加熱をすることにより、急激な加熱を避けられるのでお肉がしっとりとします。あと、最後に加熱するので、生焼けの失敗がありません。

キャンプの場合は、漬けた状態のものを持って行くというのも良いですよね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)