Windows用のキーボードをMacで使いたい『Seil』アプリ

キーボード

キーボード

Macのキーボードは、とてもオシャレで使いやすいと思います。
特に不満を感じることはないですが、ちょっとフラット過ぎて物足りないと思う時もあるでしょう。そう、もっとカチャカチャ打ちたいという衝動です。

それでしまっておいた古いウインドウズ用のキーボードを出してきて、USB接続したのですが、どうやら一部のキー操作が違うようです。(当たり前だっ!)

それでどこがどう違うのかを調べてみると、なるほどなるほど!
一番使うであろう『かな英語切替』が対応していないのですo(*≧◇≦)o

これは、不便!

もちろんショートカットキーで解決できるのですが、正直めんどいのです。
なので今回は、そんな問題をやっつけます^_^



それでは順を追って、解説いたします。

キーボードをUSBに刺して認識させる

_2016-01-28-19.11.21

USBへ刺すと自動認識により、上記のような画面が出ます。

もしも出ない場合は『システム環境設定』⇒『キーボード』へ進みます。

2016-01-28_19_11_04

『キーボードの種類を変更』をクリックします。

_2016-01-28-19.11.29

『つ』

_2016-01-28-19.11.57

『ろ』

画像に従って、左右にある『shiftキー』の隣のキーを押します。

2016-01-28_19_12_11

JIS(日本語)を選択し完了します。(日本人の場合)

実はアプリ『Seil』が必要です

_2016-01-29-11.26.09

全然めんどくさくないので、アプリ(Seil)を導入しましょう。

_2016-01-28-19.07.09

『Launchpad』から『Seil』を起動します。

2016-01-28_19_07_23

左側の『For Japanese』をプルダウンして、出てきた3項目にチェックを入れて下さい。

次に3番目の『Enable KATAKANA Key on PC Keybord』の一番右に表示されている数値を『104』に変更して下さい。

これで設定は完了です\(^o^)/

変更部分を確かめる

1601128-001a

 変更前 変更後
 Windows  command
 Alt  option
無変換 英数
変換 かな
カタカナ・ひらがな  かな
Back カーソル左消
Delete カーソル右消

上記のように変更されました。
実際に使ってみても、特に違和感はありませんでした。

ただ、ソフトなどで使用する『ショートカットキー』については。手が形を覚えている場合も多く、そもそもキーの位置が違うので確認が必要です。

Macキーボードでは『カタカナ変換』の際には、入力後に『control+K』で変換でした。
Windowsキーボードでは効かないので『shift+かな』で切り替えた後に入力となります。

OSを二つ導入している場合は、キーボードが一台で済むのでスッキリです。
実際は『自分に合ったキーボード』と出会ってからの導入が良さそうですね。





2件のコメント

    1. yutaさん こんにちは

      贅沢品ですがキーボードも2万円クラスのやつは
      別世界だそうです
      試してみたいものです^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)