『自分らしさ』を探すこと

141003-26

141009-3

表現したかったものと違う。
想い通りにコントロールができない。

カメラマンにとって、きっとそんな悩みは一生付きまとうのだろう。



他人の写真に、敗北感を感じる事がある。

『人は人、自分は自分』そう割り切っているつもりでも、強烈なストライクゾーンを見せ付けられると、結構ショックを受けるものだ。

自分には、まだできない事がある。何が足りないのかも分からずにもがいている中のダメージは、かなり大きいのだ。

何かを学ぶという事は、マネをすることだと思う。
それをモノにできた上で、自分なりの味付けをする。
ある意味、限られた世界なのだから仕方のない事だ。

だからこそ、やりつくすわけで、やらなければ見えては来ない。

141027-001

写真は大まかに『記録写真』と『芸術写真』の2種類がある。
どちらも簡単ではない。

記録ばかり撮るとつまらなくなり、芸術ばかり追うと意味が分からなくなる。
しかも、両者の共存は難しい。

僕の思う良い写真とは『どちらの要素も違和感なく取入れ、主張の強い片寄った写真』だ。とはいえ、なかなか代表作になりうる写真は撮れない。

それでも見返した時『自分らしいなぁ』と思えれば、現時点で正解なのだと思う。

141003-26

最近思うのは『良いとか悪いとか』を基準にするのではなく、カメラマンは最低品質の高い作品にしなくてはならないと思う。

それは解像度であったり、方法が最善だったりということ。

良しとされるものは時代によって大きく変わり、誰かの発言で簡単にすり変わることも多い。必ずしもそれは、その道の人ではなかったりする。

『らしさ』とは自分にたいしても嘘のない自分だと思う。
だから基準は自分で決めるしかない。

誰に何と言われようと、揺らいではいけないことが一つぐらいあってもいいと思う。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)