ハリオ『MSCS-2TB』ミルの粗さ調整ナット『VD-02T』V60透過ドリッパー

カルディー,カインズ,密閉容器,ハリオ,ミル

カルディー,カインズ,密閉容器,ハリオ,ミル

毎朝コーヒーミルで豆を挽いていると、やはりもっと良い製品はないかと探してしまう。
ひとまず『王道のハリオさんの使い心地はどうなのか』と思い購入してみました。

ちなみに現在使用しているのは『ポーレックスミニ』です。
とても良いのですが、一回に20g程度しか挽けないのでもうちょっと大きいのが欲しいという理由もありました。



バラして洗えるシンプル設計

ハリオ,セラミック,ミル

開封後は組み立てが必要となります。
とにかく構造がシンプルで分かりやすいので、お手入れは楽でしょう。

ポーレックスとの比較になってしまいますが、回し心地は普通です。
ハンドル部分のネジが緩みやすいので、時々チェックしないとガタつきます。

デザインはとても良いのですが、容器がガラス製なのと商品中央部分が太いので、ちょっと滑ります。ゴムカバーの配慮がありますが、女性は回し辛いかも知れません。

乱暴に回すと、粉のサイズが揃わなくなります。
やはり落ち着いて回すのが最善ですね。
慣れれば素敵な相棒となります。

一枚目画像の中央にあるのが、カインズホームの密閉容器です。
片手で開閉ができるので、豆の保存に大活躍です。
珈琲豆に限らず、我家では大活躍しています。

密閉構造で作りがしっかりしているので、蓋の部分を洗うと中に水が入りなかなか乾きません。アルコールで拭くぐらいで十分かと思いました。

粗さ調整ナットを考える

コーヒーミルの粗さ調節については、説明書に記載がないのが特徴です。
多分、豆のコンディションによって『一概には言えない』というのと変なクレーマーに『嘘つき呼ばわり』されるのが嫌なんだと思います。

結果的に使いこなすまで時間が掛かってしまうので、できればやはりメーカーの調節目安の数字を教えてくれたら、本当は助かるんですけどね。

・これはあくまでも目安です。
・自己責任でお願いします。
・粗さについては、一切の責任を負えません。

これぐらいの注意事項は、大丈夫かと思います^_^

調節はぴったり時計回りに締め付けてから行います。
一応多用する『中細挽き』を基準と考え、前後を探して行きます。
ギザは一つ60度です。

細挽き・・・240度(4ギザ)
中細挽き・・・420度(7ギザ)・・・1周1ギザ
中挽き・・・480度(8ギザ)
中粗挽き・・・600度(10ギザ)

豆によっても違いますが、こんな感じを目安にしております。
ポーレックスと比べると、遊びが少なくギザ一つで大きく変わるので色々できなくて、逆に分かりやすいかも知れません。

ギザダイヤルに白マジックで点を付けて、見やすくしています。
少しでも挽き具合に違和感を感じたら、直ぐに調節して現在何ギザなのかを付箋に書いて貼るようにしています。

煮干しマシン

超余談ですが、購入した初日に父親に発見され『煮干しを砕いて欲しい』という要望がありました。『これは珈琲豆専用だから無理だよ』と言っても実際に試してみないと納得しない人なので、このミルちゃんは『煮干しマシン』となりました。

もちろんすぐにバラして洗いましたが、何とも黒歴史のあるミルとなりました。

ちなみに、煮干しの場合は一尾丸々では回りません。
キッチンバサミで刻むように切って、粗挽き程度にしないと下に落ちません。
何れにしても、煮干し用としてはオススメできません。

ハリオ V60透過ドリッパー

ハリオ,ドリッパー

ハリオ,ドリッパー

まさに『試してみたかったから』としか言いようがありません。
ハンドドリップといえば、これなんですよね。

使い勝手が良く、特に不満はありません。
焦って淹れればそれなりに、ルーティーンを守ればいつも通りになります。

ところで今気付いたんですが、スパイラルに向きがありました。
僕は左利きなので、渦とは反対に回していました。

関係があるかどうかは分かりませんが、次回から逆回しで注湯してみたいと思います。

本日の珈琲

20160213-012

20160213-002

20160213-010

KALDI

名称:エスプレッソブレンド
容量(g):200
状態:豆
メーカー:キャメル
生豆生産国名:インドネシア(マンデリン)ブラジル他
焙煎度:深煎り

メーカー表記
味の特徴:弱(1)〜強(10)
バランス:9
ボディ:10
ロースト:8

強いボディと長く続く芳醇なアロマが特徴のブレンドです。
あらゆる器具で味・香りが引き立ちます。カフェオレにもおすすめ!

20160213-006

20160213-007

KALDI

名称:ウィンターブレンド

容量(g):200
状態:豆
メーカー:キャメル
生豆生産国名:ブラジル・ケニア
エチオピア他
焙煎度:深煎り

メーカー表記
味の特徴:弱(1)〜強(10)
バランス:7
ボディ:7.5
ロースト:7

ビターチョコのようなほろ苦さと、ハーブを思わせるやさしい香り、果実味を感じる甘い余韻が特徴です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)