Mac:『QuickTime Player』動画を拡大表示再生させる

お墓参り,普門院

お墓参り,普門院

写真の解像度はかなり高くなり、もはや安定期を迎えたと感じています。
よって、部分的に拡大表示させることは常識となりました。

ところで、4Kが普及している動画はどうなのでしょうか。スマホは2本の指を広げれば大きくなりますが、パソコンでは拡大自体が一般的な操作ではありません。

今回はMacで、映像の一部を拡大表示させる設定を紹介致します。

続きを読む →

Word Press:ページ内リンクで記事を移動して飛ぶ『ズームスクロール』HTML設定

防空壕,司令室

防空壕,司令室

ホームページを制作する際、あれこれ詰め込むと縦に長くなってしまいます。

普通の読み物であれば問題ないのですが、離れた箇所の情報と照らし合わせたい時もあります。これは書き手側の配慮となりますが、ページ内を行ったり来たり出来たら、欲しい情報へ直ぐに辿り着ける訳です。

今回はそれを叶える『スクロールズーム』の設定方法を記載致します。

続きを読む →

Final Cut Pro X(ファイナルカット):画像を徐々にズームしてから静止画として止める方法

葉っぱ

葉っぱ

タイトルだけ見て分かる人は、ある程度苦しんだ方でしょう。
そもそも簡単に出来そうで出来ないのが、ファイナルカットですからね。

キーフレームを理解している方なら『で?』となりそうな記事ですが、ここまで辿り着くのに多少の遠回りをしてしまいました(≧∀≦)

スライド写真動画でありがちなズームでじわじわ寄って、ディゾルプ系で画像切り替えという手法があります。

通常は『Ken Burns』で済む話なのですが、これだけでは最後に静止画として維持が出来ません。寄ったところで止めて、テロップを刺したい場合のお話です。
続きを読む →

Final Cut Pro X(ファイナルカット):クリップを数字で割振り『Ken Buruns』のパーンズーム時間を調節する

チューリップ

チューリップ

動画編集ソフトの『ファイナルカット』の話をします。
やらない方は、お花の写真を楽しんで下さいね。

タイトルだけ見ると、ちょっと意味不明だと思いますが、テクニックとして知っておけば、かなり便利かと思います。

例えばスライドショー動画を作る場合、写真をズーム(拡大)表示させてから徐々に引いて行く(ワイド方向)という効果の『Ken Buruns機能』ですが、表示時間全体でズームアウトするので、時間が長ければ、ジワジワ引いて行くんですよね。

それをバッと引いた後に、静止画で見たい場合もあります。
今回はそのやり方を解説いたします。

続きを読む →

標準ズームレンズ『Canon EF-S 17-55mm F2.8 IS USM』の『7DⅡ』との相性と『SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM』と比較

EF-S,17-55mm,F2.8,IS,USM,Canon,一眼レフ,レンズ,標準,ズーム,明るい

EF-S,17-55mm,F2.8,IS,USM,Canon,一眼レフ,レンズ,標準,ズーム,明るい

最近は仕事の都合もありまして、極力機材は純正品を使うようにしています。結局行き着く答えとしては、それが一番良いんですよね。

それでも同スペックで、お値段半額以下の『タムロン』や『シグマ』などに出会うと、心が動くのも事実なんですけどね(/∇\*)

クライアントが毛嫌いしている場合もありますから、そこは素直に従います。

EF-S,17-55mm,F2.8,IS,USM,Canon,一眼レフ,レンズ,標準,ズーム,明るい

『APS-C』は標準ズームの明るいレンズがなかなか出なかったので、先送りとなっていましたが、これはもう完璧です。

グレードは『Lレンズ』レベルですよね〜^_^

続きを読む →