一眼レフ液晶ビューファインダー:ピンボケ知らず『Kamerar QV-1』目にピントを合わせる

Kamerar,QV-1

Kamerar,QV-1

レンズの基本的概念として、絞った方が本来の性能を引き出せます。数値で言うと『F8』辺りが理想なのですが、それと良い写真とは別の話です。

さて、表現の幅を持たせる為、明るい開放レンズを使うと『ピントの甘さ』に必ず直面してしまいます。写真とはピントさえ合えば簡単だと思ってしまうほどの難題ですが、今回はやっと辿り着いた解決アイテムを紹介致します。

これで合わなければ、諦めた方がいいでしょう。

続きを読む →

ビデオ液晶フード:可動式モニターシェードで反射を軽減

液晶シェード,フード

液晶シェード,フード

屋外撮影でのビデオカメラ液晶モニターは、とても見辛いです。
とにかく様々なものが反射してしまい、特にピーカンだと使いもになりません。

この状況で露出補正や動態追尾をする訳ですが、正直、厳しいのです。
そこで液晶フードを買ってみたのですが、これが効果覿面だったので紹介します。

続きを読む →