iPhone7:『iNTE-E Direct』充電しながら音楽を聴く『ライトニング変換アダプター』

ライトニング,変換,iPhone7,iNTE-E,Direct,充電

170712mp0002

『iPhone7』からは音声出力が消え、充電端子からの変換ケーブルが付属されました。スリムになったことは良いのですが、音楽を聴くにはちょっと不便さを感じることがあります。それは充電しながらだと、ヘッドホン端子が使えないのです。

これを解決してくれるのが、今回紹介する『ライトニング変換アダプタ』です。



充電しながらイヤホン接続がメイン

170712mp0007

『iPone7』に付属されている変換ケーブルは右です。
並べて見ると『iNTE-E Direct』の大きさが気になります。

実際に使用してみても『ちょっとゴツイなぁ』と感じますが、ボリューム調節機能が無い高級ヘッドホン接続が目的なので、特別扱いとします。

ボタンはとてもシンプルなので、説明は不要かと思います。

170712mp0004

サイドには、充電用の『平端子入力』があります。

170712mp0005

背面にはマイク完備です。

170712mp0006

逆サイドは、何もありません。

実際に使用した感想として、ボリューム調整の付いたイヤホンや本体操作で間に合うのであれば、必要の無いアイテムです。ただし今後、スマホのバッテリーが劣化してくると、その使用頻度は確実に増えると思います。

『LAM Hi-Fi』専用アプリが存在する

170712mp0003

実際に接続してみると、自動的に専用アプリのインストロールへ誘導されます。

ちなみに接続していないと、全く動きません^_^

20170712-001

appから『LAM Hi-Fi』で検索しても出て来ます。

20170712-002

とにかく、シンプルです。
その必要性が、イマイチ分かりません(/∇\*)

20170712-003

左の『EQ』はイコライザーで、3パターンです。
今後、この機能が発展してくれたら嬉しいです。

ちなみに現段階では、切り替えてもほとんど変わりません。
唯一『BASS』の強調は、少し感じました。

20170712-004

右の『VOL』はボリュームです。

20170712-005

中央の『設定マーク』はこんな感じで、バージョンなどが表示されます。

とにかく、今後の進化に期待しましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)