GALAXY Note SC-05D

GALAXY,Note,SC-05D

GALAXY,Note,SC-05D

調子に乗って携帯を買い換えました。

このタイミングだったら、どう考えても『GALAXY Ⅲだろう!』と言われそうですが、ここはあえて『Note』です。

なぜなら、デカいから(≧∀≦)

スマホからスマホへの、データの引越しもなかなか厄介でした。

何かありましたら、ご相談に乗らせて頂きますよ。

続きを読む →

『CREATIVE LIGHT』ボックスライト

CREATIVE,LIGHT,ボックスライト

CREATIVE,LIGHT

『コレ』ではありません^_^
『クリエイティブライト』です。

北欧は、スエーデンから取り寄せました。作りは、かなりしっかりしています。少々、改造はしましたが・・・。

えっ!? 国産と比べて?
そうですねぇ・・・(-ω-; )

光の感じは・・・分かりません。 変わりません。
重量は、重いですねぇ(・ε・) でも、でもねっ。

カッコイイからσ(・∀・)゚

Combi(コンビ)電子レンジで消毒する哺乳瓶ケース『除菌じょ~ずα』

除菌じょ~ず,α,combi,哺乳瓶,除菌,煮沸,赤ちゃん,衛生

combi,哺乳瓶,除菌,煮沸,赤ちゃん,衛生

最近の哺乳瓶消毒は、すごいです(≧∀≦)

洗ってケースに収め、電子レンジで『チン』するだけ。以前は湯煎したり液に浸けたりと大変だったんですよね。

赤ちゃんの衛生に気を付けるのは大切ですが、気にし過ぎてケンカになろこともあるんですよね。

でもあんまり気にせず、普通程度にやっていれば大丈夫ですよ^_^

Canon 600EX-RT

Canon,600EX,RT,フラッシュ,スピードライト

Canon,600EX,RT,フラッシュ,スピードライト

今までお世話になって来たのは『580EX II』でした。

クリップオンの最高峰であり、使いきれないほどの充実した機能を持っています。まさか、さらに上のガイドナンバーを出して来るとは・・・。

恐れ入りました<(_ _)>

スイッチ部分は大きく改善され、使いやすくなったのは確かです。
念願の三灯目なので、もう言い訳はできません。

ちなみに『580EX II』で頻繁に発生している接点エラーは、今のところ起きていません。

続きを読む →

『JINS』の花粉対策メガネ

JINS,メガネ,眼鏡,花粉症,対策

JINS,メガネ,眼鏡

花粉対策メガネを手に入れました^_^
効果は効いているような、効いていないような感じです。

ちなみに欠点は、視界の狭さです。人込みではぶつかり、撮影にも不向きでした。

運転も危険。

でも、きっと効いているはず(・ε・)

FUJICA GS645 Professional

FUJICA,GS645,Professional

FUJICA,GS645,Professional

『6 × 4.5』の魅力に取りつかれ多用したカメラだったのだが、露出計が動かなくなり修理に出したところ、部品の生産終了という現実を叩き付けられた。

確かに『FUJICA』というブランド自体が既に消滅しており、何とも残念な結果に終わった。

露出計無しに写真が撮れるほど腕があるわけでもなく、現在のオートというものに頼り過ぎていた自分を改めて反省することになった。

それでも『いつかまた中判機で撮影したい』という気持ちは、少しも衰えていない。

続きを読む →

『ロングローリングバック100』プロ機材ドットコム

ロング,ローリング,バック,100,

ロング,ローリング,バック,100,

今までは、キャリーケースに機材を入れて、三脚は肩から下げていました。

しかし電車利用の時は、なかなか危険なのです。そこで以前から狙っていたのが『ロングローリングバック100』です。

※ こちらは、現行モデルです。

仕事用の僕の三脚は、80㎝あります。その他に、照明用にスタンド2本とアンブレラも必要です。今までは究極まで選択し中には諦めていた物もありました。

でもこれなら、全てが収まります。
ただちょっと、大き過ぎ(≧∀≦)

だって人を入れてしまう事も可能なんです。コインロッカーには、絶対に入りませんよね。ちょっと喫茶店と思っても、なかなか気を使います。

でもね。かなり目立ちますよ(≧∀≦)

職務質問も、時間の問題ですo(>_<o)(o>_<)o

Canon EOS 5D Mark Ⅱ

EOS,Canon,5D,MarkⅡ,2,一眼レフ,フルサイズ

EOS,Canon,5D,MarkⅡ,2,一眼レフ,フルサイズ

初めて手にした時の感動は、だんだん薄れていくもの。

それが当り前になり、更なる高性能機の発売に期待をかけてしまう。

しかしこれを超えるものは、なかなか現れない。後から発売された『7D』でさえ描写力は、その足元にも及ばないと思う。

時代の流れは早い。

だから今の感覚を忘れてしまうのかも知れない。しかし、頼るのではなく、扱うことだけは、怠ってはならないのだと思う。

続きを読む →