彼岸の疑問

地蔵

140817-24

毎年思う彼岸の疑問。

春は3月・秋は9月で、この間6ヶ月あります。

お墓参りは3月・8月・9月となっており、秋分の日を迎えると先月お盆で行ったばかりと思ってしまう訳です。

140817-22

丁度真ん中の6月頃にすればいいのにとか、勝手な事を考えるわけですね。

地方によっても様々ですが、まぁそんな事を言っている時点で暇なんでしょうね。

使用目的や料金から物撮りの質をコントロールするというシンプル撮影法

立つハンガー

立つハンガー

室内撮影でほとんどの場合に必要になってくるのが、機材を使った光です。

『光』と言ってもライト類だけではなく、レフ板はもちろんのこと、周りを囲む全てのものが、物撮りには大きく影響して来るのです。

それこそ部屋の環境であったり、極端に言えば『三脚』でさえも一つの光の要素という考え方になるのです。

続きを読む →

只見線の絶景と只見駅

只見線,ローカル

只見線,ローカル

絶景\(^o^)/

只見線,ローカル

チャンスは一度きり

1時間待ちの撮影です

只見線

穏やか過ぎるローカル鉄道『只見線』です

只見線,連結

この連結が非常に可愛い!

只見線

お顔もこの通り お目目クリクリです

只見線

乗りたいけれど 今日は車で来ました

隣の駅まで行って帰って来れる手段があれば良いのですがね

一本逃したら 次は夕方でしょうか

只見線

乗ることは出来ませんが いつまでも残って欲しいです

はい 矛盾していますよね・・・

ごめんなさい<(_ _)>

田舎から出て来て都会で暮らす女子の話

只見線

只見線

以前、仕事で知り合った方と飲む機会がありました。

アラサーぐらいの女性で、小柄でおっとりしている方なんですが、何となく気が合い、一度ゆっくりとお話してみたいと思っていました。

聞けばもう10年、都内で1人暮らしをしているそうで実家はかなりのド田舎。
駅は無く、1日数本あるバス停まで、頑張れば歩ける距離だそうです。

何れにしても車が無ければ、生きて行けない環境だそうです。それが嫌で『とにかく東京へ』と願い出て来たそうですが、それはそれで大変なようです。

続きを読む →