Canon『LP-E6』バッテリーAC電源:充電を気にせず長時間室内撮影が可能

EOS,AC電源

室内での物撮りは確実に長時間ですよね。また細部まで気にしながら撮影するので、ファインダーではなくモニターを多用するはずです。するとカメラバッテリーの消費が加速する為、いくつも予備バッテリーが必要となってしまいます。

以前、出張撮影で充電器を忘れ、ヒヤヒヤした経験から常備アイテムとして使用していますので、レビュー致します。



Gonine『ACK-E6』アダプター互換品キット

電源アダプターは、全部で3つのケーブルを繋いで使用します。
長さは左から『1m・1.3m・1.3m』で、合計3.6mほどになるので、十分でしょう。

有線撮影は確かにわずらわしいですが、保険の極みですからね。

説明は不要かと思いますが、通常バッテリーと同じ形状です。
『LP-E6・LP-E6N』を使用するキヤノンのイーオーエスで使用可能です。

AC入力:110-240
DC出力:8V 3A

※ 在庫の都合により、類似品を掲載

『EOS』に装着

バッテリー装着のフタをの部分に、ゴムで仕切られた隙間があります。

角度を変えて、もう一枚。

そう、ここから電源コードを逃すのです。

カチッとフタが閉められます。

コードはカギ型の形状を利用して、後ろ側へと逃します。

これで収まりも良く、バッテリーを気にせず撮影に集中出来ますね。

ちなみに装着してから電源を入れると、通電のタイムラグがあるので一瞬焦るかも知れませんが、使用には全く影響はありませんので御安心下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)