Manfrotto『PIXI EVO』:一眼レフ対応『ミニ自由雲台三脚』レビュー

Manfrotto,PIXI

Manfrotto,PIXI

マンフロットの機材は一生モノ。

だから少しぐらい高くても、頑張って買ってしまうのですが『新作が出ればまた欲しくなる病』を患っているので、矛盾が生じてしまいます。

さて『PIXI』シリーズの評判は高いですが、ミニ三脚の使い道をイメージしてみると、そこまででも無いような気がしていました・・・。

しかし、使ってみるとあら不思議Σ(゜∀゜ノ)
常にカバンに入れて持ち歩きたくなる最高傑作でした。



鬼ローアングルでも転ばない

ローアングル

三脚の長年のテーマは『ローアングル』です。とにかくカメラ諸共、転んでしまうことだけは避けたい訳で、重くないと叶わない芸当でした。

しかし『PIXI EVO』は、一眼レフにも余裕で対応出来ます。
最大耐荷重2.5kgって、ものすごいことなんですけどね・・・。

ちなみに、横位置ローアングルのおススメ機材はこちらの記事で紹介しています。

重量は250gなので、とにかく旅行には最適です。
足も伸ばせるタイプなので、記念撮影にも重宝しそうです。

マンフロット『PIXI EVO』の外観

畳むと、とてもコンパクトになります。
例えばジンバルの足にすれば、安定感抜群でしょう。

ボール雲台に切り替えスイッチがあって、更に股裂き状態にも出来ます。

ここまで開きます。

足に付いている大きなボタンを押すと、伸ばすことも出来ます。

5段階のカチカチ溝で、自由自在です。

この伸び具合、最高です^_^

一応、注意点として、伸びた状態だと足がクッションバネっぽくなりますが、撮影には影響ありません。まぁ、軽い素材ですから仕方ないですよね。

使用目的は様々で撮影は勿論のこと、私は物撮り現場で、この雲台にポールをかまし、液晶モニターを乗せています。これでとにかく首の負担が軽減されました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)