LEDビデオライト:YONGNUO『YN300 Air』レビューとデュフェーズアイデア

YONGNUO,YN300,Air

YONGNUO,YN300,Air

かなり、お世話になっている『YONGNUO』製品ですが、この『Air』タイプは特に最高です。現在では、業務の写真や動画に大活躍してくれています。

更なる機動性を求め、小さい『YN 300Air』を使用しているので、この製品の素晴らしさをレビューしたいと思います。



『YN300 Air』の操作方法

中華製ということもあり、取扱説明書が中国語と英語のみなので、やや分かり辛い部分もあるので、一応記載しておきます。

右上の丸はコンセント差し込み口

見れば分かると思いますが、別売りの電源の差し込みです。
また上半分中央は、別売りソニー系バッテリー装着部となります。

左下の丸は調光と電源スイッチ

分かり辛いのですが、ダイヤルを押すと電源のオンオフになります。
回せば、光量調節です。

Batt

バッテリーチエックボタン。

SET

長押しで、光量を記憶させます。
しかし、バッテリーオフでリセットされるようです。

Fine Coarse

光量は『00〜99』表記ですが『01⇒02』のような小刻みか『10⇒20』のような大雑把かの調節振り幅を切り替えます。

3200k/5500k

電球色が交互に配列されており、それぞれの強さを調節出来ます。

マックスにすると、目が痛いです。
小さいのに、なかなかパワフル。

天板にも使えるでしょう。

付属の袋と足と棒。

『Airシリーズ』に付属している『棒』について『要らない』という声が相次いでいますが、使ってみると実は使いやすいです。

撮るものにもよりますが、微調整には最適。

『YN300 Air』をビデオカメラに乗せる

今まで使っていたビデオライトは、最低光量が強く、アクセサリーシューに乗せると人物は撮影出来ませんでした。

でも『YN 300Air』は最低光量が柔らかいので、インタビューにも最適。
また、補助校としてもかなり有効で、気軽にカメラを振り回せます。

ちなみに、大光量でインタビュー出来ないかを考えてみました。

結果的に、ソフトボックスライト用の布でデュフェーザーを作りました。
とは言っても、ただの袋です。

しかし、効果抜群!!

ちなみに、製作はお袋です^_^

使用するバッテリーサイズにもよりますが、ゆったり作るのがポイントです。

光量調節やオンオフに困ることはありません。

一応、マイクとの干渉だけは気にしています。
擦れるようであれば、養生テープなどで止めて下さい。

この袋を量産して販売すれば儲かりそうですが、手間とコストが合いません^_^




2件のコメント

  1. おはようございます
    大きさもカメラとのバランスが良さそうで
    使い勝手がいいでしょう。

    MAC のポンだしアプリ『SoundEffects』面白そうですね。 ^~^

    1. yutaさん こんにちは^_^

      やはり製品は、実際に使用してみないと分からないことだらけ。
      いくつかライトを試しましたが、バランスも含め最高でした^_^

      『SoundEffects』は基本無料なので、遊んでみて下さいね。

yuta にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)