LEDビデオライト:YONGNUO『YN600 Air』&『YN608』レビュー


写真と動画の両方の撮影で使える、LEDライトを探していました。理由はスペースが取れず、ソフトボックスが入らない現場もあるからです。また、定常光は見た目で撮影出来る為、物撮りを簡単に時間短縮してくれるのです。

ただ、LEDビデオライトは冷却ファンの音が気になります。
特に動画の音声撮りの時は、致命的でしょう。

そこで、ファンレスの『Air』を選択してみました。



YONGNUO『YN600 Air』

まずは『YONGNUO YN600 Air』を紹介します。

型番:YN600 Air
光源:SMD-LED192個搭載
色温度:5500K
演色性:≧95%
輸出効率:40W
照射角度:110°
外接電源:8V5A
使用寿命:約50000時間
ルーメン:4000LM
本体重量:約1084g
厚み:約22mm
本体サイズ:約318×238mm

Amazon

『600』とは球数かと思っていたら、そうではありませんでした。

元々、デュフェーズパネルが装着されているので、光が柔らかいのが特徴です。
しかし、十分明るいです。

背面には光量調節のダイヤルが2つあり、細かく設定が可能です。

光量重視なので『5500K』タイプにしました。
結果的に、大正解でした。

背面にはSONY系のバッテリー『NP-F750』が2つ装着出来ます。
これで、場所を選ばず撮影出来そうです。

このタイプはチャンネル切り替えが見当たらないので、リモコン対応はしていないようですね。

1日仕事の現場で何度も使用していますが、全く問題なく点灯してくれています。
心配されていた熱問題は、それほど高温はにならず普通に触れます。

薄いので、電車移動も何とかなります。

YONGNUO『YN608』

続いて『YONGNUO YN608』を紹介します。

サイズ:約525×525×45mm
重量:約2000g
出力:36.5W
使用寿命:約50000時間
外接電源:8V5A
対応バッテリー:NP-Fシリーズリチウム電池×2
ルーメン:4864LM
色温度:5500K
照射角度:55°
演色性:≧95%
光源:LED608球搭載

Amazon

この手の製品の表記は微妙ですが、『600 Air』と同じような感じです。

『608』を天ライトとし『600 Air』をサイドから挟んで撮影しています。リングからレンズを出せるので、バッグの中身を撮影するなどの用途で威力を発揮します。

勿論、ポートレートにも有効です。
色は安定していると感じました。

ちなみに、表記に『Air』とありませんが、ファンレスで無音です。
本体温度も『600 Air』同様、極端に熱くはなりません。

こちらも背面に、SONY系のバッテリー『NP-F750』が2つ装着出来ます。

リモコンが付いており、電池は単四2本です。
『3200K-5500K』の製品と同じ仕様なので、色温度の変更表記もありますが『5500K』を選択したので、関係ありません。

気を付けたいのが、電池の消耗です。
光量調節は本体から行えないので、電池が切れると100%発光になってしまいます。
リモコンをリングライトに装着しても、電池無しでは効きませんでした。

用途によって大きいと感じますが、メーカーは自撮りを意識して特別設計したそうなので、程良いと言えるでしょう。

ライトスタンドに、雲台を取り付けて使用しています。
ハクバの『BH-1』で、十分ライトの重さに耐えられます。

電源はライトとは別売りなので、これにしました。

こちらも長時間撮影で、問題なく供給してくれています。
極端に熱くなるようなことは、今のところありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)