Mac:DVDにデータを焼くとエラーになるんですけど

森と太陽

森と太陽

Macでデータ作成してDVDで納品をするのですが、ここ最近はやたらと書き込みエラーが出ます。DVDの内容を確認すると書き込まれてはいるのですが、お客様が開けなかったら意味が無いので、改めて作成することにしています。

急ぎの時って、結構イライラするんですよね。
それで今回は、その対処法を記載したいと思います。



DVDへの焼き方を『Burn』へ変える

現在使用のOSは『EI Capitan』です。個人的な意見ですが、新しいバージョンが出る度に不安定になっているように感じます。

それで調べてみると、もはやシステムエラーという線が強そうでした。
純正機能が使えないとお手上げですが、悩んでも仕方が無いので次の一手を考えます。

_2016-11-15-12-08-37

Burn

こちらは、DVDに動画書き込みの際お世話になっているソフトです。
いつもはファイナライズが目的だったのですが、データ書き込みにも有効なようです。

とてもシンプルなので、使いやすいです。

『Burn』の使い方

_2016-11-15-12-08-09

まずはDVDドライブに、空のディスクを挿入します。
すると上記のような画面が出ます。

『OK』をクリックするとMac標準の動作になりますが、別ソフトからアクセスするので『無視』を選択しましょう。

続いて『Burn』を開きます。

_2016-11-15-12-08-52

今回はデータをDVDに焼くので用途を『データ』にします。

・Mac(HFS+):Mac用
・PC(joliet):Windows用
・Mac + PC:Mac/Windows両用
・DVD(UDF):DVD用イメージ

右の項目は先方の環境に配慮したものですが、基本的にいつも不明なので『Mac + PC』を選ぶようにしています。

_2016-11-15-12-09-10

ドラッグ&ドロップで、任意のファイルを上記画面中央に放り込みます。
すると、一覧に表示されました。

良ければ右下の『ディスク作成』をクリックします。

_2016-11-15-12-09-22

確認が出ますので、再び『ディスク作成』をクリックで開始されます。

終了するとDVDファイルがデスクトップに現れるので、中身を確認して終了です。

MacもWindowsも同じ

今までは心のどこかで、純正最強説を信じていました。

しかし現実は書き込みエラーが出れば、同時にDVDの取り出しが出来なくなったりフリーズが起こったりと、恐怖体験ばかりです。

もはや『Macは硬い』という定説は幻になっていますので、とにかく自分を救ってくれるのはバックアップだけということを再認識致します。

データ管理は、困ってからでは遅いのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。