Final Cut Pro:画面を2分割にし横長のスライドにするテクニック

_2017-02-07-10.27.26

_2017-02-07-10.27.26

前回はファイナルカットで、画面を4分割にする方法を記載致しました。
これはとても初歩的な方法なので、とっても簡単です。
それなら2分割も出来るだろうとやってみましたが、思わぬ壁が現れたのです。

今回は、無理だと諦めていた2分割のスライドショーの方法が分かったので、記載したいと思います。動画編集をやられる方は、知っていて損のない話ですよ^_^



状況説明

4分割の方法が分からないという方は、上記リンクで確認して下さい。

_2017-02-07-10.27.26a

さて、4分割も2分割も偶数なので一見簡単に思えてしまうかも知れません。
しかし、アスペクト比のことをすっかり忘れていました(後に気付きます)

今回、何がやりたいのかと言うと、上記画像のようにスペースを分断しそれぞれがフォトスライドになるようにしたいのです。表現としては『右から左』と『左から右』の組み合わせなどが出来たらと思った訳です。

フォトショップで超横長素材を作る

170206-001a

それで複数の写真を繋げた、超横長の画像を用意しました。

_2017-02-07-10.18.33

これを『Ken Buruns』で流せば良いのですよね。

_2017-02-07-10.18.49

すると当然ですが、このようなスライドになります。

_2017-02-07-10.22.50

続いて2分割にする為『調整』を『50%』に縮小しました。
そして『位置』を『Y 270px』にします。

_2017-02-07-10.22.36

ありゃりゃ!?
両サイドが切れてしまいます(ー’`ー ; )

アスペクト比の罠にハマってしまいました(・ε・)

上下にブランクを設ける

_2017-02-06-12.33.41

次に、画像の上や下にブランクを作るというアイデアが出ました。
単純に写真の縦の長さの2倍の素材を用意します。

_2017-02-06-12.35.26

_2017-02-06-12.37.17

こういうことですね。
背景は黒で塗り潰しました。

_2017-02-07-10.25.23

それで『調整』を縮小せず、ブランクと共に流せば良さそうです。

_2017-02-07-10.25.44

そうそう、こんな感じ(≧∀≦)
あとは同様に下側にも画像を配置して、クロップで隠せば完成でしょ?

ところがどっこい(>_<)

そんなに甘くはありません!!

_2017-02-07-10.26.12

理由は単純で『Ken Burns』と『クロップ』は同居出来ないのです。

発想の転換で解決する

_2017-02-07-10.27.40

困ったなぁ〜と思っていたら、またアイデアがズルッと降りて来ました\(^o^)/
ブランク(黒部分)を画面の外に出せば良さそう!!

数値で言うと『位置』の『Y軸』を『540px ↔︎ -540px』逆にするのです。

_2017-02-07-10.27.26

するとこのように、きれいに上下に分かれました。
それぞれに動きを加えても、干渉することなく作動します。

上下だけではなく、左右にも応用可能です。

さて、これにてやりたかった表現については解決ですが、動作スピードや方向によっては、かなり酔いやすい動画が完成します(((●~Q~●)ノ

どうか、お大事に( ^_^)/~~~





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)