Final Cut Pro:画面をキレイに4分割にする方法

_2017-02-06-19.13.07

_2017-02-06-19.13.07

動画やフォトスライドムービーを編集する際、時間の都合に合わせ1画面に複数の素材を並べたくなる時があります。動画はリズムやスピード感を織り込むことにより、同じ素材であっても観え方がガラリと変わるものです。

同じシーンでもカメラを複数台にし、時間軸を固定した表現を織り込むだけでも、観る側に感動を与えられるはずです。

今回はTVなどでよく見掛ける『変形』を使った素材配置で画面を4分割にする方法について解説致します。



ファイナルカットの変形機能を使う

動画編集はアイデアの組み合わせで、レベルの高い技術をになるのだと思います。
面白いのは、あれこれ詰め込んでしまうとうるさくなり、シンプル過ぎるとつまらなくなるので、その中間を意識してあげると、全てが遡上効果となるのです。

_2017-02-06-12.00.03

今回は液晶テレビで再生することを想定し、アスペクト比を16:9としています。

フォーマット:1080p HD
解像度:1920 × 1080
レート:60p

それでは早速、基本技術の4分割をやってみましょう。

_2017-02-06-19.07.39

まずは、写真素材を4枚開きます。

_2017-02-06-19.08.35

縦に積み上げましょう。

一番上の花の写真から処理するので、タイムラインでアクティブにして下さい。

_2017-02-06-19.10.20

左上

続いて右側のステータスバーの『変形』の数値変更を行いましょう。

位置: X -480px Y : 270px
調整:50

この数字が右上配置画像用です。

_2017-02-06-19.10.09

このように配置されました。

2枚目からのテクニック

続いて『右上・左下・右下』の順番で進めて行きますが、ショートカットキーを併用させながら行うと早いのでやってみましょう。

タイムラインの花の写真をアクティブにして『⌘ + C』でコピーします。
続いて、海の写真をアクティブにし『⌘ + Shift + V』で情報をペーストします。

_2017-02-06-19.11.12

任意の項目にチェックを入れ『ペースト』をクリックします。
すると画面では見えませんが、花の写真の裏に隠れました。

これは変形データが同じな為なので、ちょちょいと直しましょう。

_2017-02-06-19.11.36

右上

位置: X 480px Y : 270px
調整:50

『-480⇒480』とするだけなので簡単ですよね。

続けて残りの2枚も同様の方法で処理して行きます。

_2017-02-06-19.12.25

左下

位置: X -480px Y : -270px
調整:50

_2017-02-06-19.12.52

右下

位置: X 480px Y : -270px
調整:50

これで無事に、4分割表示がされました。

_2017-02-06-19.13.07

このやり方を基本とすれば、アイデア次第で必ず面白い表現が出来るはずです。
動画編集を習慣にすれば、溜まったビデオも片付くはずですよね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)