Logicool『トラックボールM570t』:マウスボタンのカスタマイズ『Mac』コントロールセンター

有明

有明

右手を固定したまま、マウス操作が行える、Logicool『トラックボールM570t』は超便利ですが、更にボタン操作のカスタマイズも可能です。

専用のデータをダウンロードして設定するので、その方法を記載致します。



3つの操作を右手にプラス

通常のマウス設定は『システム環境設定』から『マウス』を選択して行います。

しかし、そこでの設定は最低限の項目のみ。

ちなみに、通常マウスも併用するかと思いますので、ここの設定はそのままで大丈夫です。。マウスポインターのスピードは、別途設定可能です。

Logicool『トラックボールM570t』には、左クリックの左側に2つボタンがありますし、ホイールダイヤルもクリック可能です。これを設定すると劇的に操作が楽になるので、厳選して振り分けてみましょう。

目的は右手を極力キーボードへ移動したくない、モノグサ精神です。

『コントロールセンター』のインストール

まずは、Logicool(ロジクール)コントロールセンターへ飛びます。
ここから、ダウンロードしてインストールする流れとなります。

MacのOSを選択し『Logicoolコントロールセンター』からダウンロードして下さい。

ちなみに、Windows版も同じ場所からダウンロード出来ます。
『SetPoint』という名前なので、お間違えなく。

インストールが完了すると『システム環境設定』の一番下の欄に、ニューアイコンが現れました。

『コントロールセンター』での設定

起動すると、上記のウィンドウが開きます。
マウス画像をクリックすると『設定』が有効になるのでクリックします。

『一般』の『追随速度係数』からマウスポインターの速度が設定出来ます。
トラックボールマウスは遅くしないと使い辛いので、左側に振りましょう。

Windows版・Mac版共に使用しましたが、実はWindowsの方が使い易いです。

理由として、ポインターの動きを遅くした反面、長距離移動が大変な訳です。しかし、Windowsには初速に応じて距離が変わる機能が設定可能でした。これにより、ちょこまかした動きと大きな動きを判別してくれるのです。

Mac版にはこれがないので、今後のバージョンアップに期待したいと思います。

『ボタン』項目から、詳細設定が可能です。

通常の操作はそのままが使いやすいでしょうから、左クリックの左側ボタンとホイールクリックを設定する方が、ほとんどかと思います。

任意のボタンを、クリックして下さい。

すると、何を割り当てるかの項目が表示されます。

個人的に、左クリックの左ボタンには『command』と『Shift』を設定しています。
理由はマウスを離さずに、ショートカットキーが使えてしまう利点です。

また、ホイールクリックには『Enter』を割り当てています。
『Enter』って左手側にはないので、これまた便利です。

修飾キーは、組み合わせも可能です。
あまりやり過ぎると混乱しますので、ほどほどにしています。

デスクが狭いので限界はありますが、工夫次第で体への負担は軽減出来そうです。
また、左手にテンキーを置くこともオススメです。

こちらは本格的に振り分け可能な、左手キーボードです。




2件のコメント

    1. yutaさん こんにちは^ – ^

      痛い経験をしなければ、気にもしなかったことですが、今は体のサインに感謝しています^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)