Mac:テキストを読んでくれる『スピーチ機能』のショートカットキー

猫

猫

ネット情報は、書くのも大変ですが読むのも大変です。
せめて読むことだけでも、音声で聴けたら幸せですよね。

それで、長文については利用しているのですが、今度は『ショートカットキーで再生出来たらいいのに』と思うわけで、どんどんダメ人間になって行くのです。



右クリックは面倒い!

_2017-06-22-11.40.43

マックで文章を『左クリック』でなぞると、選択出来ます。
それで『右クリック』を押すと『スピーチ』項目で読み上げが可能になります。

それだけで十分便利なのですが、画像リンクや広告が挟まっていると、その部分も読んでしまい、ちょっと聞き辛いのです。

そして、もはや『右クリック』が面倒な年齢になってしまいました(-_-メ)
ということで、ショートカットキーを使います。

アクセシビリティ

_2017-06-22-11.16.02

『読み上げ』について、以前は『キーボード』と一緒になっていたはずなのですが、現在は音声入力のみとなり『アクセシビリティ』へ移動されました。

_2017-06-22-11.16.20

左サイドバーの『スピーチ』を発見します。

設定というほどではありませんが『システムの声』の性別と速度を決めます。
個人的にですが、標準だとちょっと遅いと感じるので、一段早くします。

ちなみに、読み上げ中に変更しても反映されません。
一度止めてから、再生させて聴き比べて下さい。

続いて『キーを押したときに選択しているテキストを読み上げる』のチェックを入れましょう。するとショートカットキーが使えるようになります。デフォルトで良いと思いますが、他のショートカットキーと被る方は変更しましょう。

大した話ではありませんが、効率化は抜群に上がります。
是非、試してみて下さいね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)