手帳型スマホケースにストラップホールを開ける

ストラップホール

170407mp0014

スマホは、油断した時に落下させてしまいます。キズが付くのは嫌なので、ほとんどの方がケースに入れて持ち歩いているでしょう。それで、個人的なこだわりなのですが、カラビナ型の携帯ストラップを付けないと落ち着きません。

しかし、ストラップホール付きって少ないんですよね〜(・ε・)



スイカを一緒に持ち歩きたい

170409mp0026

今まで『手帳タイプ』は、フタの違和感があったので、使いませんでした。
しかし、スマホ背面にセットしてある『スイカ』の反応が弱くなり、改札で引っ掛かるストレスから、別途パスケースへ切り替えました。

すると『スマホ・パスケース・名刺入れ』とアイテムが増えてしまいます。
やはり、スマホとスイカは、一緒が便利なんですよね。

スマホ背面は磁気電波の都合で、遮断シートを付けるので面倒いのです。最終的に手帳タイプが便利なのですが、いくら探してもストラップ穴が装備されている商品が無いので困っていました。

そんな流れから『だったら自分で開けちゃおう』となったのです。

熱で穴を開ける

170407mp0010

これは『キリ』です。
100円ショップにも売っています。

170407mp0009

ケースの素材は、プラスチックのようなゴムのような素材です。

まずはキリで、下穴を開けました。

170407mp0011

キリの先端を、ガスコンロで熱っします。この手の素材は、耐熱温度が100℃以下なので、赤くなるほどはやらなくて大丈夫です。

170407mp0013

そのまま、下穴に差し込みます。

キリが冷めてしまわないうちに、思い切ってやりましょう。

170407mp0012

強度が気になったので、標準穴よりも幅を取りました。

結果的に、ここまで離さなくても大丈夫だと感じましたので、次回やるとすれば、もう一つ分、幅を狭くしようと思います。

170407mp0008

穴周りの凹凸が気になるのであれば、爪切りなどで落としましょう。
でも、実際はほとんど気にならないはずです。

もしも同じように、ストラップホールでお悩みの方は、やってみて下さいね。
絶対にオススメです^_^

170410mp0001

ちなみにこちらのケースは、100円ショップの300円コーナーで買いました。
正直、作りも良いので、しばらくはこれにしようかと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)