CAINZ:IHでもガスコンロでも使えるステンレス炒め鍋(カインズホーム)

カインズ,IH,フライパン

170728mp0009

カインズブランドは優秀です。

フライパン鍋のパッケージには、ふっ素樹脂・硬質セラミックスと記載があるので、テフロンと呼んでいいのかは不明ですが、とにかく安価で長持ちします。

今回は見た目も美しい、IH対応の『ステンレス製炒め鍋』を紹介致します。



『カインズフライパン』購入の動機

上記リンクは、昨年の春に購入した『ストーンマーブルフライパン』の記事です。

とても素晴らしい商品でしたが、1年以上使用したところで食材によっては、くっ付くようになりました。もちろん、他の商品はここまで持たないので、大満足です。

それで再度、同じフライパンを買いに行きました。
そこで出会ったのが『IHでもガスコンロでも使えるステンレス炒め鍋』でした。

イタリアンでパスタを調理する、かっこいい『ステンレスフライパン』のような仕上がりに一目惚れし、一瞬でカゴに納めた訳です。

ちょこっと重めの『1,125g』

170728mp0004

そもそも、ストーンマーブルとは素材が違うので比較してはイケナイのかも知れませんが、気になるのはやはり重量です。

ストーンマーブル・・・855g
ステンレス炒め鍋・・・1,125g

270gの差ですが、腱鞘炎が気になる方はお控え下さい。(28cm調べ)

4層ハードふっ素樹脂コーティング

170728mp0005

170728mp0006

理由分かりませんが、カインズホームはネット宣伝が微妙です。
現に、この商品の情報を調べても出て来ません。

そもそもパッケージには型番が見当たらず、直径以外のサイズや重量は一切記載がありませんでした。なので、最小限の情報となります。

170728mp0007

170728mp0008

素材はアルミの『熱伝導』とステンレスの『保温性』を組み合わせた『2層構造』でIH・ガスコンロの両対応。コーティングは『トップ・高耐久ふっ素・中間・プライマー』の4層ハードふっ素樹脂コーティングを採用。

※ 中火以下での使用推奨

ステンレス炒め鍋の使用感

実際に使用した印象としては、とても良く出来た鍋だと思います。

とにかく、コーティングが素晴らしいです。
ただ、こればっかりは長く使ってみないと持ち具合が分からないので、控えます。

最大サイズの28cm使用で、そこそこ重たいですが熱伝導を重視しているので、軽い方だと思います。持ち手は程良く、しっくりと馴染む感じです。

背面がピカピカなので、キッチンに吊るすとかなりオシャレです。





2件のコメント

    1. yutaさん こんにちは^_^

      テフロン加工製品は、長くても1年でしょうね。
      あの滑り具合の代償が寿命ですからね。

      長く使いたければ、鉄製が一番でしょう。
      まぁ、お手入れしないと錆びますけどね(/∇\*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)