熊本地震から1年:現地の今とカメラマンに出来ること

熊本,地震,阿蘇,被災地,阿蘇神社,産神社

170416mp0326

熊本地震から1年。
仕事のご縁から、熊本県阿蘇市を訪れました。

今の熊本を目にし、被災地の人々と話し、感じたことを写真と共に綴ります。



阿蘇は何も変わらない

170425mp0007

この写真は20年前、日本一周の時に撮影した阿蘇です。
あまりの美しさに、当時は世界遺産だと思い込んでいたほどでした。

土地の恵みを受け、たくましく生きる人々の笑顔と優しさに、勇気を頂いたものです。

170415mp0017

宿へ向かう途中に見た、根子岳(ねこだけ)です。
相変わらず、いびつな形をしています。

阿蘇神社

170416mp0259

まず『阿蘇神社』へ、ご挨拶に伺いました。
こちらも、地震の影響を大きく受けており、とても驚きました。

170416mp0258

170416mp0280

170416mp0281

倒壊当時の展示写真です。
かなり、酷い状態だったようです。

170416mp0288

170416mp0289

それでもこの場所に、不思議と強さを感じます。

飲食店の方に伺ったのですが、本震では全ての食器やビンが落ち、大変な想いをされたそうです。しかし、店だけは残してくれたことに感謝し、阿蘇神社へお礼参りを欠かさないとのことでした。

断層の地割れ

170416mp0238

絶景の朝。

この日は、被災現場を案内して頂きました。

170416mp0311

あちこちで、山の崩落が見られます。
雨の多い地域ですから、季節になると避難生活に切り換えるそうです。

170416mp0351

170416mp0349

170416mp0319

この地域の断層は大きくズレ、地割れが起こりました。住宅への被害もありましたが、大半が田んぼだった為、地元の方は『まだ良かった』と話していました。

170416mp0334

170416mp0344

170416mp0377

近くの学校は閉鎖。
未だに、復旧の目処は立っていません。

170416mp0389

印象的だったのは、地割れから咲くタンポポの生命力。
『わざわざ、ここを選ばなくても』という想いとは別に『ここから始める覚悟』と『土地へのこだわり』を考えさせられました。

阿蘇大橋崩落現場

170416mp0407

阿蘇の玄関口として、観光では必ず渡る『阿蘇大橋』です。
ここに橋が掛かっていたことが、嘘のように感じます。

170416mp0399

一気に崩れ落ち、全てを飲み込みました。

170416mp0410

復旧工事をする重機は、無人の遠隔操作です。
またいつ崩落が起こっても、おかしくはない状況が続いています。

170416mp0440

向こう側に、橋のたもとが見えます。
地元の方も、この事実だけは信じられなかったそうです。

170416mp0437

この地域には東海大学があり、それに伴いアパートや店がありました。しかし、大学が閉鎖になれば人が集まらなくなり、アパートや店舗の経営が出来なくなります。

170416mp0469

170416mp0467

170416mp0466

道路は寸断され、鉄道は復旧せず、現在も『どうにもならない状況』だと言います。

170416mp0464

阿蘇大橋のそばにある、セブンイレブン。

170416mp0461

店舗裏はこの状態で、近付く事も出来ず、店内は当時のまま。

170416mp0429

今後、どうすればいいのか。
いくら考えても、答えの出ない状況を目の当たりにしました。

復興の兆し『産神社』

170416mp0538

阿蘇市狩尾地区にある『産神社』を訪れました。

数十年ごとに乳白色の水が湧くことから、安産や縁結び、母乳の出を良くする神社として信仰を集めていました。しかし、昭和35年の大干ばつで水量が減少し、乳水も見られなくなったそうです。

170416mp0477

しかし、熊本地震直後から再び水が湧き始めました。

170416mp0485

地震が原因で水が枯れてしまったところもあり、特に農家は困っていましたが、産神社の湧き水は、全ての田んぼを満たしたそうです。

170416mp0508

170416mp0494

2本が対になっていたスギの木ですが、台風により1本が倒されました。
現在はその後継木が、移植されています。

170416mp0505

170416mp0512

170416mp0535

震災の絶望を目にした後に癒してくれた、ここはまさしく『パワースポット』です。

カメラマンに出来ること

170417mp1568

震災の現実は『悲惨』そのものです。
これは東日本大震災の現地を訪れた時に、痛感したことでもありました。

撮影すること自体が、不謹慎ではないだろうか。
今、自分に何が出来るだろうか・・・。
そんなことを、考えていました。

しかし、ようやくこの問いに、自分なりの答えが出せた気がします。

写真の力は絶大です。

今を撮り、今を残す。
それが悲惨な現実であっても、必ず役に立つ時が来るのだと信じています。

自分に出来ることをやる。

今回、被災地で多くの表情を撮ることが出来ました。
結局、巡り巡って行き着く先は、人々の笑顔なのだと思います。

熊本城

170417mp1671

最終日、熊本城に立ち寄りました。
近付くことは出来ませんでしたが、テレビで見るよりも損傷が酷いと感じます。

170417mp1640

170417mp1653

観光の拠点なので復興を望みますが、石垣の修復はかなり複雑なようです。

被災者との感覚の違い

170417mp1679

『復興支援』に対して『どうしたらいいのか分からない』という意見が聞かれます。
義援金が届かなかったり、風評被害が出たりすることは確かなので、迷ってしまうのは当然です。

しかし今回、被災者の方と話すうちに、分かったことがありました。
それは、支援側と被災者側の感覚の違いです。

現在、阿蘇は過疎化が深刻です。

土地の起伏が激しい為、崩落個所の復興は進んでいません。
それに伴い道路は『ミルクロード』一本しか通れない為、常に大渋滞してしまいます。
鉄道は廃線となり、通勤通学すら普通が叶わない状態なのです。

単身赴任のような形になったり、引越しを余儀なくされたりと、大好きな土地を離れなくてはならない現実があります。

人がいなくなれば、どんどん廃れてしまいます。

これにはまた、原発問題とは違う深刻さがあるように感じます。
『地域で学び、地域で働く』これこそが、本当の復興なのでしょう。

今回、お話を伺った方は、被災者でありながらボランティア団体に参加されており、被災地の生の声を直接聞くことが出来ました。

今の現状を、多くの方に知ってもらいたい。
今はどうする事も出来ないけれど、知ってもらうことで何かが変わるはず。

とても印象に残る言葉でした。

170415mp0228

170415mp0233

170416mp0543

九州には美味しいものが、たくさんあります。
水も自然も人間も、全てが素晴らしい。

だから、また行きたいし、復興しないわけがないのだとも思います。
カメラマンとして、今後も力になれたらと願っています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)