WordPress『ギャラリー』:標準装備の写真一覧機能がページごと落ちる話

地蔵

地蔵

ワードプレスの難しさは、バージョンアップによる更新のバグです。大元がやればプラグインも対応せざるを得ない訳で、作ってサヨナラは通用しません。

まぁ、それは高度なプログラミングの話なので分かりませんが、気が付いたら動かなくなっている部分があったりします。今回は標準装備であるメディアの『ギャラリー』が動かなくなったので、解決記録として経緯を記載致します。



一瞬表示されページごと閉じる症状

ギャラリーとは写真一覧機能で、サムネイル画像をクリックすると大きく表示され、スライドショーも楽しめます。

今までは普通に機能していましたが、久しぶりに触ってみたら一瞬表示された後、ページごと落ちたり、元の画面に戻ったりしてしまいました。

追っかけ調査すると、通常表示されるものとされないものが見付かりました。

原因は『リンク先』設定

作った(作る)ギャラリーを選択し、編集マークをクリックします。

右カラムの『ギャラリーの設定』を見てみましょう。

『リンク先』が『メディアファイ』になっていたので『なし』へ変更。
そのまま変更保存し、記事自体も更新して下さい。

すると表示速度が早くなり、スライドも問題なく動くようになりました。

『FancyBox for WordPress』反省ポイント

FancyBox for WordPress

『なんだ、そんなことか』と思ってしまうかも知れませんが、今回の事態には流れがあるので、しっかりと反省しなくてはなりません。

通常、一枚の写真でのリンク先設定を見てみましょう。

・添付ファイルのページ・・・ブログ記事内に画像表示
・メディアファイル・・・ブラウザに画像表示
・なし・・・クリックに反応しない

このようになるので『FancyBox for WordPress』など、画像浮き出し表示効果のあるプラグインを使ったりするのです。設定は『メディアファイル』で適応になります。

しかし一覧表示の『ギャラリー設定』の場合『メディアファイル』を選ぶとエラーになってしまうのです。今までは通常表示されていたので、どこかのタイミングで仕様変更があったのでしょう。

ポップアップ表示のプラグインは、干渉エラーが多いことで有名ですが、それは実際に直面してみないと分からないので、都度、対応するしかないようですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)