撮影機材

スピードライト『580EXⅡ』:TTL発光になってしまう致命的な症状が改善

投稿日:2017年5月21日

スピードライト,580EXⅡ,TTL発光

『ETTL』が『TTL』表示なったり、強制フル発光になる不具合は、Canon純正のストロボを使用している方でしたら、一度は遭遇したことがあるかも知れません。

現在は『580EXⅡ』を2台所有していますが、どちらも症状が出ていたので、キヤノンサービスセンターへ修理に出すことにしました。

最近よく出た症状

別件でCanonへ行った時、スタッフの方に質問してみたのですが、やはり『接点エラー』が多いとのことでした。それについては、下記のリンクに記載してあります。

https://miyabix.com/archives/964
https://miyabix.com/archives/964

以前は不発はあっても、反応しないことはありませんでした。しかしここ最近、イベント撮影などでフラッシュが突然、発光しなくなってしまうことがありました。

当然、機材は最低でも2台持ちなので、仕上がりに影響はありませんが、正直かなり不安です。実はAPSへ移行したのも、ボディー自体にフラッシュが付いているという単純な理由も含まれています。

created by Rinker
キヤノン
¥43,800 (2019/12/14 17:52:59時点 Amazon調べ-詳細)

修理に出した結果

170409mp0025

修理は、前回の記事で紹介した機材と一緒に出しました。

(処置内容)
繰り返し検査を実施いたしましたが、ご指摘の現象を確認することができませんでした。発光部の劣化、接点の磨耗を確認したため、関連する部品(反射板ユニット、シューケースユニット)を交換いたしました。

技術料金 6,500
部品代 6,000
小計(税抜) 12,500
消費税 1,000
合計(税込) 13,500

記事内の料金表示は、会員の2割引が適用されています。

事前に『可能性のある部品を総変えする』という方法も伺いましたが、それならば『600EXⅡ-RT』へ買い換えた方が良さそうなので、チエックにしました。

created by Rinker
キヤノン
¥60,717 (2019/12/15 02:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

結局は原因が分からず、消耗品のみの交換となりました。
しかし、よくある不具合にしては技術料が高めですね(・ε・)

その後の使用感と気付いたこと

スピードライト,580EXⅡ,TTL発光

修理に出してから何度も使用しましたが、実は不具合が改善されています。

整備工場で不具合が出ていないということは、やはり『接点』に原因があるのだと思いました。修理工場でのカメラのシューは、クリーニングされていますからね。
また、同時に出した『7D2』もシューがキレイになって帰って来た訳です。

それと、アンブレラ等の多灯撮影で、ラジオスレーブで飛ばす場合は、接点が関係ありません。今思えば、その時に不具合は出ていませんでした。

ただ疑問として『600EX-RT』では、不具合が起きていません。
勿論、何年も使い続けた結果からの話です。

そうなると、あまりにも不具合が多かった『580EXⅡ』から『600EX-RT』の間でホットシュー対策が行われたということになります。
逆に言えば『580EXⅡ』は不安定であると言えるのです。

しかし今回、修理に出したことで、かなりスッキリしました。
今後もスピードライトは必須アイテムですが、また同じような不具合が出たとしたら、その時はおとなしく新製品を購入することと致します。

現状4台ありますが、フラッシュは何灯あっても困りませんからね。

-撮影機材
-, , ,

Copyright© MiyabixPhoto , 2019 All Rights Reserved.