辛いのに食欲が止まらない山椒の『麻婆豆腐』を作る

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

マーボー豆腐は美味しいので、大好きです\(^o^)/
しかし『これっ!』というものには、なかなか出会えません。

こだわりの発端は、昔読んだ料理書に載っていた修行中の料理人の話からでした。

職場の先輩のまかないで麻婆豆腐を食べ、それが旨過ぎて忘れられないというお話です。その表現に『全身から汗が噴き出し、逃げ出したくなるような辛さなのに、なぜか手が止まらず一気に食べ、料理の力を思い知らされた』とありました。

と言うわけで、私も作ってみることにしました。



科学の力をふんだんに使う

知らない方の為に記載しますが、中華料理はやたらと化学調味料を使用します。
調理場に入れば、一斗缶で『味の素』が置いてあったりするのです。

あと『塩ラーメン』は、印象としてあっさりしていそうですが、スープを入れるドンブリに、カレースプーン山盛りほどの味の素を入れるのが普通です。

全部がそうだとは言いませんが、なかなかの確率なのです。
そんな理由で、今回はガッツリ科学の力に頼ることにしました。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

左側は万能タイプのペースト調味料です。
初めて使いますが『クックドゥー』は優秀だから大丈夫です。

右はいわゆる『焼肉のタレ』です。
サンチュとかに合いそうな感じの『辛味噌』のイメージなので選択しました。

この2つは、同じような効果だと思うので、どちらか一つでも良いです。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

今回のテーマは『辛さ・旨味』なので豆板醤ではなく『山椒』を選択しました。
桃屋の山椒は塩分が強いので、超辛口を望む場合は『花山椒』を使いましょう。

食べるラー油は、残っていたのでニンニクと油代わりに投入しました。

麻婆豆腐

木綿豆腐 サイコロ 1丁
挽肉   200g
ネギ みじん 1本
ごま油 炒めと仕上げ 適量
食べるラー油   大山1
  100cc
焼肉のタレ チューブ 大山2
香味ペースト チューブ 大山2
中華スープの素 顆粒 大山1
山椒 桃屋 大山3まで
砂糖   大山1
醤油 香り付け 大1
片栗粉 とろみ付け 適量

繰り返しになりますが、辛味に対しての塩分は注意が必要です。
今回は、ご飯のお供としてやや塩強めです。
レシピは目安とし、基本塩分は控えめでお願いします。

調理に入る

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

1.ネギはこんな感じで、みじんにします。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

2.豆腐はお好みのサイコロに切ります。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

3.フライパンに、ごま油・食べるラー油を入れて加熱します。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

4.挽肉を炒め、火が入ったらネギを半分量投入します。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

5.更に炒めます。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

6.水と調味料(レシピ水色部分)を投入します。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

7.味を調整(濃いめ)したら豆腐とネギを投入します。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

8.豆腐が崩れないように、祈りながら広げて蓋をして煮ます。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

9.味見をして良ければ、醤油を落とし水溶き片栗粉でとろみを付けます。

麻婆豆腐,マーボー,四川,豆板醤

10.仕上げにごま油を回して、さっくり混ぜたら完成です。

激辛花山椒バージョン

麻婆豆腐,花山椒

16.08.25(追記)

その後、ずっと気になっていたので、花山椒を買って来ました。
やっぱり四川風全開で、行きたかったんですよね。

夏に辛いものを食べたくなる気持ち、分かりますよね。
見た目は変わりませんが、辛さが違います。

麻婆豆腐,花山椒

こちらをミルで挽いて行きます。
挽きたては香りが良いんですよね〜(≧∀≦)

麻婆豆腐,花山椒

上記レシピの『桃屋の山椒』を止めて、この花山椒を『大1』にします。
味を見ながら『塩』で調節して下さい。

あとは、同じです。

麻婆豆腐,花山椒

超辛いのに美味しくて、スーッとするハッカのような爽やかさが味わえます。
これはもう、病み付きです。

山椒には胃腸に元気を与える効果があるようです。
勿論、ほどほどに摂取した時の話ですけどね。

まとめ

激辛ではありませんでしたが、大成功の大好評でした(≧∀≦)
次回は桃屋の山椒を少しにして、花山椒を別途使って激辛にしたいと思います。

調理時間は大体、15分程度で簡単でした。
使用した調味料もスーパーで売っているか、ある人は冷蔵庫に入っているレベルのものなので、豆腐・挽肉・ネギがあればいつでも作れちゃうでしょう。

こんなの出したら、愛されること間違いなしの味だと思います(/ω\*) 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。