iCloudのフォトストリームで、同期されない現象について

IMG_7071

IMG_7071iPhoneで写真を撮り、家でPCを開けば、自動で写真が転送されて来るというiCloudの『フォトストリーム』機能。かなり便利ですが、突然自動転送機能がストップしてしまうことも、なくはないのです。



フォトストリーム,iCloud

自動転送ができなくなれば、不便になること間違いなし。ケーブルを接続したり、メールで送ったりと、方法がない訳ではありませんが、人間は一度楽をするとダメになります。

そこで、過去に直面した自動同期不良の原因を上げてみたいと思います。


● 端末のバッテリーが少ない

iPhoneやスマホは、まだまだバッテリーの持ちが課題です。ちょっと油断すると残り10%を切っていることもしましば。ちなみに20%以下になるとフォトストリームへの転送がストップしてしまいます。

● Wi-Fiがoffになっている

コンビニやショッピングモールなどで提供されているWi-Fiサービスがありますが、会員登録や接続制限などが面倒なので、基本利用しません。しかしWi-Fiをonに設定していると、勝手に勧誘画面に繋がってしまい迷惑。なのでWi-Fiをoffにするのですが、そのまま忘れてしまうこともしばしば。

offの状態だと、フォトストリームの自動転送はストップしてしまいます。


 ここ最近というか、前から気になっていること

環境にもよりますが、原因不明の不具合ということに多く直面します。
以前は原因を調べたりしていましたが、現在ではとりあえず不具合を疑い、機器の再起動から始めるようにしています。

Wi-Fiが繋がらない時は、ネッワークを開き再検索。offしてon。それでダメなら再起動。

Bluetoothのベアリング不具合は、再接続してダメならば、再ベアリングします。


 上記の結果から、電波は不安定なものと認識しています。だから腹も立ちません。

フォトストリーム,iCloudシステム環境設定からiCloudを開きフォトのチェック、またはオプションのチェックも一度外してから、再チェック。

不思議ですが、これぐらいのことで治るのです。

もちろんこれは、今まで普通に使えていた場合で、初めての接続で繋がらない人は、接続設定の詳細を疑う必要があります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)