イコライザーアプリ『eqMac』:アンインストールしてもサウンド一覧から削除されない

田んぼ,夕焼け

田んぼ,夕焼け

『iTunes』はイコライザー設定が可能ですが、反映されるのはアプリ内だけなので、出力全体に掛けられるものを探していました。使ってみないと分からないので、インストールとアンインストールを繰り返すうちに、問題が起こりました。

そう、アンインストール後に起こる『ゴミ問題』です。



『eqMac』が根深い

170523mp-001

パソコンのゴミ問題は、アプリを削除した後に残る現象です。
お掃除アプリを入れているのですが、それでも除去出来ないものもあります。

イコライザーの『eqMac』は、個人的に使い勝手が合わなかったので削除しました。

_2017-05-23-13.39.25

しかし、システム環境設定の『サウンド』を見てみると、残ってしまっています。
これが結構、邪魔くさいのです。

こういう場合は、手動で削除するしかないようですね。

『Finder』から入る

_2017-05-23-15.28.15

『Finder』⇒『移動』⇒『コンピューター』と進みます。

_2017-05-23-13.40.35

行き先はこちらです。

『Macintosh HD』⇒『システム』⇒『ライブラリ』⇒『Extensions』

_2017-05-23-13.40.50

『eqMacDriver.kext』を発見しました。

右クリックから『ゴミ箱に入れる』を選択します。
削除確認で、パスワードが求められるので入力しましょう。

確認は、再起動後に反映されます。

_2017-05-23-13.42.42

これでスッキリ削除されていました。
めでたし、めでたしヽ(・∀・)ノ

ちなみに、他のアプリでも同様の流れで削除が出来ます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)