ポケットの中で、iPhoneの誤操作を防ぐロック機能

尚仁沢,湧水

尚仁沢,湧水

すごく初歩的な機能なので、知っている人には当り前のことですが、周りに聞いてみると意外と知らなかったので記事にしてみました。

iPhoneをポケットに入れ歩いていると、勝手にアプリが起動していたり、意味不明なメールを打っていたり、最悪誰かに電話していたりします(>_<)

そこで有効だと思ってしまうのは『パスコードロック』という機能です。

これは4桁の暗証番号を入力しないとiPhone自体を動かせないというものですが、そもそもこの機能は他人に触らせないためのものです。

しかも1分ほど放置しないとスリープ状態にならないので、今回の目的とは異なります。そこで有効な手段は本体右上(液晶正面)にある、

電源スイッチを押すこと

これで全ては解決します\(^o^)/

もう一度動かしたい時には、再び電源スイッチか丸ボタンを押し、続けてスライドロック解除を行います。

二重解除なので、誤操作はまず起きません。知らない方のために書きました。失礼いたしました<(_ _)>





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)