Canon EF50mm F1.8 STM:単焦点『撒き餌レンズ』でテスト撮影

Canon,EF50mm,F1.8,STM

Canon,EF50mm,F1.8,STM

安価で高性能なレンズを『撒き餌レンズ』と呼びますよね。キヤノンの『50mm F1.8』は昔から定番ですが、『STM』の時代になったので購入してみました。



レンズの外観

Canon,EF50mm,F1.8,STM

軽くて小さくて高性能なので、持っていて損はありません。
普段はF2.8の標準ズーム域を使用していますが、単焦点はいつの時も憧れであります。

171225mp0011

171225mp0012

50mmの高いレンズって、すごいとは思いますが、買うまでは至りません。
ボケ具合を比べても、正直そこまで違うかと言えば、それも好みなので。

171225mp0014

ピントリングを回すと、せり出して来る構造です。
フードは別売りですが、付けるとかっこいいはず。

テスト撮影

171225mp0015

とりあえず、絞ると抜群の描写力です。
単焦点ですからね。

なので今回は、ポートレートを意識して解放方向でテストしてみました。

とは言っても、F1.8ではピントが不安定になります。
だって、ファインダーの中の小さな四角の中にも幅がありますからね。

よって『F3.5・ISO200』を基準とし、編集無しの撮って出しと致します。
カメラはフルサイズ機の『5DⅡ』を使用しました。

左が原画、右がピント部分のクローズアップです。

最短焦点距離は『35cm』と前モデルよりも、10cm短くなりました。

印象としては、とても扱いやすく、期待通りの描写力だと感じます。
特に、文句の付けようがありませんでした。

単焦点を生かし、動画撮影にも便利かと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)