未完成

写真と言葉の未完成な詩集の話 vol.24

投稿日:2014年11月11日

目の前を

照らしてくれる

だけでいい

丸太

何本あるの?

頭 隠して

尻 隠さず

青空よりも

こんな空に

感動する

最後

理想としては

雨の日の夜

アパートの 階段を上る途中で

昔の彼女に 背中を刺され

恨まれながら

死んでいきたい

キハ

キハ40 1715

キハ40 351

夢のコラボ

すいれん

この花に まつわる話は多い

人が近づくと 森の妖精が 

その姿を 花に変えるとか

だけど 僕は思う

森で出会う 小さなおじさんこそ

本当の 妖精なのだと

子を 産み

死んでいく

みんなさっ

一生懸命 生きてるんだよね

でも 時には

そうじゃなかったりする

だから ちょっと

恥ずかしいんだよね

自信

まだ

できるんですけど

まだまだ

やれるんですけど

あれから

だいぶ 経つけれど

何が

変わりましたか?

昆布

手間暇 掛けて

愛情 込めて

だから お土産は

いつも 昆布

空を

眺めていました

ストーカー

ずっと

見ているわよ

アラゲハンゴンソウ

どこにでも いるようで

それが 当たり前過ぎて

でも 誰でもいいわけじゃなくて

一緒にいると 安心できて

上手く言えないけれど

たぶん

好き何だろうなぁ

up

up

誰か

遊んで

地元化

先日 旅先で撮影をしていると

おっちゃんに 話しかけられた

いやぁ 今日も暑いなぁ
そうですねぇ~
Miyabix
親父さんは 達者でやってるか?
はい 年金で細々とやっています
Miyabix
ところで 裏のにある倉庫の冷蔵庫 使わなければ持って行っていいかぃ?
いやぁ 僕はここの人じゃないんで
Miyabix
そうかい そうかい あんたも達者でやりな
はい おじ様も
Miyabix

どうやら 最近では

旅行者に 見えなくなっているらしい

農家向けの帽子 長靴 首にタオル

あぁ 確かに

お前もか

あぁ お互いに

歳 とったな

カラス

戦をすれば

カラスに

食われる

お前に

超えられるのか?

場外

寝返りすると

場外へ

太平洋

僕は今 太平洋にいて

どうすこともできず ただ 酒を飲み

しかし 深刻に考え込んでいる

これから どうするか

それって 15歳からのテーマで

実はまだ 決まってはいない

人が 喜んでくれるからと

カメラマンという 危険な仕事に手を出し

いつまでも 技術に葛藤し

だから 新人癖が抜けない

そんな想いを この大きな海に捨て

次へ 進みたい

ただ 僕は

だましだまし ここまでやって来た

だから 海は 大きな心で

それを

許してはくれない

忘れないよ

この 喜びも

あの 恨みも

ロボ

空き箱を 繋げ合せ

ロボットを 造った

でも 大き過ぎるから

最終的には バラバラにしなさい

ママが言っても 嫌だと言う

じゃぁ 裏の空き地で

灯油をかけて火を放ち カッコ良い最後を

それはママが ダメだと言う

ご兄妹

ずーっと お会いしたかった

お二人に

やっと 会えました

『パパとママの写真展』で

ずっと 拘束されていて

夏休みの宿題も まだ終わっていないという

Miyabix
いいんだよ 勉強なんかしなくて もっと お外で遊びなさい

アドバイスしましたが

親に聞かれたら 怒られそう

Miyabix
パパは カメラとかレンズとかいっぱい買っちゃうでしょ?
うーん そうでもないかなぁ でも ママに買ってあげてるよっ
Miyabix
それは 自分で使うためだよ~ ふふふっ
おじさんは パパの道具 知ってるんだよ~ えへへ

他にも ここでは話せない パパのプライベートを

たくさん教えてもらいました

写真の事も いっぱい説明してくれました

良い人達だぁ

ありがとうございました

あっ 素晴らしい写真展です

是非っ

妹さんが くれました

これからは これを付けて

仕事します

ロード

振り返った時

この道も

思い出してほしい

お肉食べよう

ゲコ

毎年 夏になると

我家のお庭で ゲコゲコ鳴いていた

大きめの カエルさん

うるさいとは 思っていたけれど

いざ 居なくなってしまうと

実は 寂しい

まだ

始めてもいないくせに

-未完成
-

Copyright© MiyabixPhoto , 2019 All Rights Reserved.